kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

rootアカウント

  Ubuntuではデフォルトでrootアカウントが無効になっています。
  これはセキュリティの都合上、rootで行う処理はsudo等で実行するという方針があるためです。

  このrootアカウントを有効にすることができます。
  ただし、セキュリティリスクをよく理解した上でrootアカウントを有効にしてください。
  特に理由がなければ(分からなければ)、rootアカウントは無効のままにしておきましょう。

  WindowsでもVista以降UACが導入され管理者権限に制限が加えられています。
  似たような事情ですね。

rootアカウントを有効にする

  端末を起動して、以下のコマンドを実行します。

    sudo passwd root

  コマンドを実行するとまずsudoによるユーザーのパスワード入力が求められます。

  次に「新しいUNIXパスワードを入力してください:」と表示され、
  rootアカウントに設定するパスワード入力を求められます。

  rootアカウントのパスワードを2回入力して、作業完了です。


  以下のようにsu rootコマンドを実行して、rootになれるか確認にしてみてください。


rootアカウントを無効にする

  有効にしたrootアカウントを無効にします。
  端末を起動して、以下のコマンドを実行します。

    sudo passwd -l root

  コマンドを実行すると以下のように表示され、rootアカウントが無効になります。


  以下のようにsu rootコマンドを実行して、root認証に失敗するか確認にしてみてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション