kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

cpufrequtils

  「cpufrequtils」は、Linux Kernelが提供するCPUfreqの情報取得や操作を行うアプリです。


  cpufrequtilsはコマンドで提供されるため、「端末」から実行します。

インストール

  cpufrequtilsのインストールです。
  Ubuntuソフトウェアセンターを起動し、 「cpufrequtils」で検索します。


  「インストール」ボタンをクリックします。

  以下のコマンドがインストールされます。

  • cpufreq-info
  • cpufreq-set
  • cpufreq-aperf

cpufreq-infoコマンド

  「cpufreq-info」コマンドは、CPUfreqの状態や情報を表示するコマンドです。

  CPUfreqに対応していない場合

    CPUfreqに対応していない場合、以下のように「no or unknown cpufreq driver is active on this CPU」と表示されます。 


analyzing CPU 0:
  no or unknown cpufreq driver is active on this CPU
  maximum transition latency: 4294.55 ms.
analyzing CPU 1:
  no or unknown cpufreq driver is active on this CPU
  maximum transition latency: 4294.55 ms.
analyzing CPU 2:
  no or unknown cpufreq driver is active on this CPU
  maximum transition latency: 4294.55 ms.
analyzing CPU 3:
  no or unknown cpufreq driver is active on this CPU
  maximum transition latency: 4294.55 ms.

  CPUfreqに対応している場合

    CPUfreqに対応している場合、以下のようにCPUの各論理コアごとに情報が表示されます。


    論理コア0の情報を抜粋します。

analyzing CPU 0:
  driver: acpi-cpufreq
  CPUs which run at the same hardware frequency: 0 1 2 3 4 5 6 7
  CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 0
  maximum transition latency: 10.0 us.
  hardware limits: 1.60 GHz - 3.40 GHz
  available frequency steps: 3.40 GHz, 3.40 GHz, 3.20 GHz, 3.00 GHz, 2.80 GHz, 2.60 GHz, 2.40 GHz, 2.20 GHz, 2.00 GHz, 1.80 GHz, 1.60 GHz
  available cpufreq governors: conservative, ondemand, userspace, powersave, performance
  current policy: frequency should be within 1.60 GHz and 3.40 GHz.
                  The governor "conservative" may decide which speed to use
                  within this range.
  current CPU frequency is 3.40 GHz.
  cpufreq stats: 3.40 GHz:86.41%, 3.40 GHz:0.05%, 3.20 GHz:4.62%, 3.00 GHz:1.92%, 2.80 GHz:1.06%, 2.60 GHz:0.62%, 2.40 GHz:0.37%, 2.20 GHz:0.40%, 2.00 GHz:0.25%, 1.80 GHz:0.25%, 1.60 GHz:4.05%  (135026)

  driver

    CPUfreqが使用しているドライバーです。
    「acpi-cpufreq」ドライバーが使われています。

  CPUs which run at the same hardware frequency

    この論理コアが属するCPUの論理コア一覧です。
    Core i7 2600なので、8つの論理コア番号が表示されています。

  CPUs which need to have their frequency coordinated by software

    同じクロック数を共有する論理コアの一覧です。

  maximum transition latency

    CPUがクロック数を変化させるのにかかる時間の最大値です。
    10.0マイクロ秒と表示されています。

  hardware limits

    CPU(ハードウェア)がサポートするクロック数の最小値と最大値です。
    最小値が「1.60GHz」で最大値が「3.40GHz」と表示されています。

  available frequency steps

    設定可能なCPUのクロック数です。

  available cpufreq governors

    サポートしているCPUfreqガバナーの一覧です。

  current policy

    現在設定されている設定可能なクロック数の最小値と最大値です。
    「hardware limits」と異なり、ソフトウェア的に設定できる範囲です。

    また現在設定されている「CPUfreqガバナー」も表示されます。
   

  current CPU frequency

    現在のCPUクロック数です。
    「3.40 GHz」で動作していると表示されています。

  cpufreq stats

    CPUクロックの統計情報です。
    例えば、「3.40 GHz:86.41%」は「3.40GHz」で動作した時間が、全体の「86.41%」ということになります。

cpufreq-infoコマンドのオプション

  オプションを指定して「cpufreq-info」コマンドを実行すると、表示する情報を絞ることができます。
  一部のオプションを除いて、他のオプションと併用することはできません。

  -c

    他のオプションと併用しなかった場合、指定された論理コアの情報を表示します。

    他のオプションと併用した場合、情報を表示する論理コアを指定します。
    指定は論理コアの番号で行います。
    このオプションを省略した場合、論理コア番号0が指定されたものとして処理されます。


  -m

    表示される数値を読みやすいフォーマットに変換して表示します。
    以下のオプションと併用できます。

  • -f
  • -w
  • -s
  • -y


  -f

    現在のCPUクロック数を表示します。
    CPUfreq(Linux Kernel)が認識しているCPUクロック数です。
    「current CPU frequency」です。


  -w

    現在のCPUクロック数を表示します。
    ハードウェアが認識しているCPUクロック数です。

    このオプションを指定する場合、「cpufreq-info」コマンドはrootで実行する必要があります。


  -l

    CPUがサポートするクロック数の最小値と最大値を表示します。
    「hardware limits」です。


  -d

    CPUfreqが使用しているドライバーを表示します。
    「driver」です。


  -p

    設定可能なクロック数の最小値と最大値、及び「CPUfreqガバナー」を表示します。
    「current policy」です。


  -g

    サポートしているCPUfreqガバナーの一覧を表示します。
    「available cpufreq governors」です。


  -r

    論理コアが属するCPUの論理コア一覧を表示します。
    「CPUs which run at the same hardware frequency」です。

  -a

    同じクロック数を共有する論理コアの一覧を表示します。
    「CPUs which need to have their frequency coordinated by software」です。


  -s

    CPUクロックの統計情報を表示します。
    「cpufreq stats」ですが、「-m」オプションを指定しない場合、以下のように生データが表示されます。


  -y

    CPUがクロック数を変化させるのにかかる時間の最大値を表示します。
    「maximum transition latency」です。


  -o

    全論理コアの「hardware limits」や現在設定されているCPUfreqガバナーを表示します。
    「-c」オプションとは併用できません。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション