kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Fcitxの設定を初期化する

  ユーザーが行ったFcitxの設定を初期化します。
  設定を初期化することで、すべての設定をデフォルトに戻すことができます。

  辞書のバックアップ

    設定の中には、自分で作成した辞書も含まれます。
    辞書のバックアップは事前にとっておいてください。

  注意

    設定ファイルを削除することで設定の初期化を行います。
    事前にFcitx」を終了させておいてください。


設定ファイルの場所と初期化

  「Fcitx」の設定ファイルは、「~/.config/fcitx」フォルダー以下に保存されます。
  このフォルダーを削除するか、フォルダー名の変更や別の場所へフォルダーを移動します。


  後は再ログインもしくはPCを再起動すれば、「Fcitx」の設定が初期化されます。

  ちなみにフォルダー内を見ると、以下のように「Fcitx」自身の設定だけでなく、各アドオンがサブフォルダー内に設定ファイルを保存していることが分かります。


  クイックフレーズの辞書

    クイックフレーズの辞書は、「~/.config/fcitx/data」フォルダー内に保存されます。
    以下の赤枠内のフォルダーやファイルが、クイックフレーズの辞書になります。


  クラッシュログ

    「Fcitx」がクラッシュすると、「~/.config/fcitx/log/crash.log」にログを出力します。
    頻繁に「Fcitx」がクラッシュするなら、デバッグシンボルを入れるなりして調べてみると良いでしょう。


Fcitx診断ツール

  「Fcitx」には、「Fcitx」の状態を診断する診断ツールがあります。
  「Fcitx」をインストールすれば、 「Fcitx」診断ツールもインストールされます。

  端末を起動し、以下のコマンドを実行します。

    fcitx-diagnose

  以下のように診断ツールが起動し、「Fcitx」の状態を出力します。


  「Fcitx」が起動しないなど「Fcitx」の使用に問題が出る場合は、この内容を元に調べてみると良いでしょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション