kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

メディア

  「XSane」では、メディアを作成することができます。
  メディアとは、スキャナーにセットするドキュメントの種類(用紙の種類)のことです。

  「XSane」では、メディアの情報は色補正の情報です。
  メディアは、色補正のプリセットと捉えることもできます。

  用紙には様々な種類がある

    スキャナーにセットする用紙には様々な種類があります。
    白い用紙や、やや黄味がかった用紙など、用紙自身に色があります。

    黄味がかった用紙を白い用紙としてスキャンする場合、白くなるように色補正を行う必要があります。
    同じ種類の用紙であれば、色補正の補正値はほぼ同じような補正値になります。

  毎回色補正値を設定するのは面倒

    その色補正値をメディアとして作成すれば、次回以降補正値を再設定せずに済みます。

  メディアに保存される色補正値について

    メディアに保存される色補正値は、以下の赤枠内の設定になります。


メディアを作成する

  メディアを作成します。

  1.メディア編集の切り替え

    「設定」メニューを開き、「媒体の定義を編集」にチェックが入っているか確認します。
    もし以下のようにチェックが入っていない場合は、「媒体の定義を編集」をクリックします。


  2.元となるメディアを選択する

    新規に作成するメディアは、元となるメディアから作成します。
    元にしたいメディアを選択します。


  3.RGBデフォルトを無効にする

    各RGBの補正値を個別に設定する項目を表示するため、「RGBデフォルト」を無効にします。


  4.プレビュースキャンを行う

    補正値の変更結果を確認するため、プレビュースキャンを行います。


  5.補正値の設定

    補正値の設定を行います。
    補正値を変更するとプレビューに反映されるので、プレビューを見ながら設定を行うとよいでしょう。


    各設定項目は、「XSaneの画像の色補正値を設定する」を参考にしてください。

  6.メディアの作成

    補正値の設定が終わったら、メディアを作成します。
    メディアをクリックしてメディア一覧メニューを表示します。


    作成するメディアを追加する位置を選択します。
    ここで選択したメディアの1つ下にメディアが追加されます。


  7.操作メニュー

    選択したメニュー項目上で右クリックします。
    以下のようにメニューが表示されるので、「媒体の定義を追加」をクリックします。


  8.メディア名の入力

    以下の画面が表示されるので、メディア名を入力します。
    ここで入力した名称が、メディア一覧メニューに表示されます。


    メディア名を入力したら「OK」ボタンをクリックします。

  9.作成完了

    以下のように作成したメディアが追加され選択されます。


    メディア一覧メニューを表示すると、以下のように作成したメディアが追加されています。


  10.メディア編集の切り替え

    メディアの作成が完了したので、メディア編集を再度切り替えます。
    「設定」メニューを開き、「媒体の定義を編集」をクリックします。


    「媒体の定義を編集」のチェックがオフになればOKです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション