kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ヒストグラムウィンドウ

  「XSane」では、ヒストグラムウィンドウを表示することができます。
  ヒストグラムウィンドウでは色の分布を把握することができます。


  ヒストグラムウィンドウの表示

    ヒストグラムウィンドウを表示するには、「ウィンドウ」メニューを開き「ヒストグラムを表示」をクリックします。
    「Ctrl + 2」キーを押しても良いです。


  ヒストグラムウィンドウが表示する色の対象

    ヒストグラムウィンドウが表示する色の対象は、プレビューウィンドウ設定されている範囲内の画像です。

ヒストグラムウィンドウのUI構成

  ヒストグラムウィンドウのUI構成です。


1.Rawイメージ

  色補正を行う前のヒストグラムです。

2.色補正

  色補正です。
  直接数値で表示されていませんが、メインウィンドウの色補正と連動して動作します。

  4つのバーが表示されていますが、上から以下の意味になります。

  • 輝度(Intensity)
  • 赤(Red)
  • 緑(Green)
  • 青(Blue)

  また各バー内の三角アイコンをドラッグ&ドロップすることで、補正値を変更することができます。
  どのように補正値が変化するかは、メインウィンドウの色補正で確認することができます。

  カラーマネージメントについて

    「カラーマネージメント」による色補正を行う時は「XSane」で色補正を行わないため、この機能を利用することはできません。

  三角アイコンによる補正の反映について

    補正の反映を行うタイミングを、ユーザーが指定することができます。
    タイミングは「表示」メニューの「ポリシーを更新」から選択することができます。
 


    連続的

      ユーザーが三角アイコンを操作すると、即座に補正を反映します。
      プレビューにも補正が即座に反映されますが、環境によっては動作が重くなります。

    非連続的

      ユーザーが三角アイコンを操作し、ドロップした後(マウスのボタンを放した後)に補正を反映します。
      一番動作が軽くなります。

    遅れて

      ユーザーが三角アイコンを操作し、一定時間が経過すると補正を反映します。
      「連続的」よりも動作が軽くなります。

3.拡張イメージ

  色補正を行った後のヒストグラムです。

4.輝度ボタン

  ヒストグラムに輝度を表示するかどうかの設定です。
  輝度は黒色でヒストグラムに表示されます。

5.赤ボタン

  ヒストグラムに赤成分を表示するかどうかの設定です。

6.緑ボタン

  ヒストグラムに緑成分を表示するかどうかの設定です。

7.青ボタン

  ヒストグラムに青成分を表示するかどうかの設定です。

8.カーブタイプボタン

  ヒストグラムの表示方法を切り換えるボタンです。

  オン

    以下のように表示されます。


  オフ

    以下のように表示されます。


9.線形/対数切り替えボタン

  線形尺による表示と対数尺による表示を切り替えます。

  オン

    対数尺で表示します。


  オフ

    線形尺で表示します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション