kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

XSaneのセットアップ

  「XSane」の設定は、セットアップ画面から行います。

  セットアップ画面の表示

    「設定」メニューを開き、「セットアップ」をクリックします。


ファイルの保存に関するセットアップを行う

  セットアップ画面を開き「保存」タブをクリックすると、ファイルの保存に関するセットアップを行うことができます。
  ここで行う設定は、「スキャンした画像の保存先を設定する」に影響します。


一時ディレクトリ

  「XSane」が一時的に作成するファイルを保存するフォルダーを指定します。
  プレビュースキャンした画像などが一時ファイルとして保存されます。

  基本的に変更する必要はありません。

  一時ディレクトリを変更する場合、「ブラウズ」ボタンをクリックすれば以下のようにフォルダー選択画面が表示されます。


  一時フォルダーを選択し、「OK」ボタンをクリックします。

画像ファイルの許可属性

  「XSane」が作成するファイルのパーミッションを指定します。
  本スキャンした画像をファイルに保存するときなど、ここで指定したアクセス権がファイルに適用されます。

  基本的に変更する必要はありません。

  アクセス権の設定対象について

    アクセス権の設定対象は、「ユーザー」「グループ」「すべて」の3種類があります。

    ユーザー

      ファイルの作成者(所有者)のアクセス権です。
      ユーザーのアクセス権は変更できません。

    グループ

      グループは、ファイルの作成者のグループのアクセス権です。

    すべて

      すべてはその他のユーザー(ユーザーやグループに属さないユーザー)のアクセス権です。

  アクセス権について

    設定するアクセス権には、「r」と「w」の2種類があります。
    ボタンをクリックし押されている状態にすれば、その権限が有効になります。

    r

      「r」は読み込み権限です。

    w

      「w」は書き込み権限です。

ディレクトリの許可属性

  「XSane」が作成するフォルダーのアクセス権を指定します。

  基本的に変更する必要はありません。

  アクセス権の設定対象について

    アクセス権の設定対象は、「ユーザー」「グループ」「すべて」の3種類があります。

    ユーザー

      フォルダーの作成者(所有者)のアクセス権です。
      ユーザーのアクセス権は変更できません。

    グループ

      グループは、フォルダーの作成者のグループのアクセス権です。

    すべて

      すべてはその他のユーザー(ユーザーやグループに属さないユーザー)のアクセス権です。

  アクセス権について

    設定するアクセス権には、「r」「w」「x」の3種類があります。
    ボタンをクリックし押されている状態にすれば、その権限が有効になります。

    r

      「r」は読み込み権限です。

    w

      「w」は書き込み権限です。

    x

      「x」はフォルダー内にアクセスできる権限です。

上書きの警告

  チェックをオンにすると、ファイル保存時同名のファイルがあった場合は、以下のように上書き確認を行う画面を表示しします。


    チェックをオフにすると、この画面を表示せずファイルの上書きを行います。

現在のファイル名をスキップ

    チェックをオンにすると、複数回スキャンを行う際、2回目以降のスキャン時に同名のファイルがあった場合、そのファイル名をスキップします。

    同名のファイルが存在しなくなるまで、ファイル名カウンターのカウントアップ・カウントダウンが行われます。
    

ファイル名カウンタの範囲

  ファイル名カウンターの桁数を以下のメニューから選択します。


  非活性(Inactive)

    桁数の指定を行いません。
    任意の桁数が利用できます。

  1〜9

    それぞれの桁数が適用されます。
    例えば「5」を選択すると、ファイル名カウンターは5桁以上の数値が適用されます。

終了時にデバイスを保存

  チェックをオンにすると、現在設定されている様々な設定(メインウィンドウの設定や色補正の設定など)を、「XSane」終了時に保存します。

  次回起動時にその設定が読み込まれ、設定が復元されます。
  これらの設定はスキャナーごと(バックエンドごと)に保存されます。

「適用」ボタン

  「保存」タブで行った設定を保存し、「XSane」に反映します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション