kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

カラーマネージメントのセットアップを行う

  セットアップ画面を開き「Coloe management」タブをクリックすると、カラーマネージメントのセットアップやICCプロファイルのセットアップを行うことができます。


カラーマネージメントによる色補正

  カラーマネージメントによる色補正は、ICCプロファイルを利用して色補正を行います。

  ICCプロファイルには、それぞれのデバイス(ハードウェア)の色特性に基づく色の情報が含まれています。
  また、特定の色空間を定義したICCプロファイルも存在します。

  ユーザーが色補正を行うよりも複雑な色補正(色変換)を行うことができます。
  デバイスの色特性を目視で確認し色補正の補正値を調整するには手間がかかるため、特定のデバイス向けに色補正を行うなら、カラーマネージメントを活用するとよいでしょう。

  ICCプロファイルの設定について

    ここで行うICCプロファイルの設定は、それぞれの設定項目に対応したICCプロファイルを関連付けるだけです。
    実際にICCプロファイルを利用して色補正を行うかどうかは、ユーザーが別途指定できます。

  ICMプロファイルについて

    「XSane」ではICMプロファイルも利用できますが、表記はICCプロファイルに統一しています。

Black point compensation

  チェックをオンにすると、黒点の補正を有効にします。
  黒点の補正を行うと、輝度を元に色の補正を行います。

  黒に近い色の階調が潰れてしまう場合、チェックをオンにすると階調がつぶれにくくなります。
  ICCプロファイルや画像によっては、全体的に輝度が上がります。(明るくなる)

  「Rendering intent」で「Relative colorimetric」を選択した時に黒点の補正効果が高くなります。
  「Rendering intent」で「Perceptual」を選択した時は、ほとんど補正効果は得られません。

Rendering intent

  色を変換する際、変換元の色が変換先の色空間で表現できない色だった場合、どのように補正を行うのかを以下のメニューから選択します。


  知覚

    インテントによく出てくる知覚ですが、知覚とは色知覚のことです。
    以下の画像は何色に見えるでしょうか。
   

    薄い赤色や暗い赤色など程度に違いがあるかと思いますが、いずれも赤として認識できます。 
    中央の赤は純粋な赤ですが、左の赤は彩度を落としています。
    右の赤は輝度を落としています。

    この色の認識が色知覚です。

  Perceptual

    色知覚を確保するため、色相(Hue)を可能な限り維持します。
    その代わり彩度(Saturation)と輝度(Lightness)を犠牲にします。

    写真や風景などの画像に向いています。

  Relative colorimetric

    彩度(Saturation)を犠牲にして色相(Hue)と輝度(Lightness)維持します。
    白点も補正を受けます。

  Absolute colorimetric

    彩度(Saturation)を犠牲にして色相(Hue)と輝度(Lightness)維持します。
    白点は変更しません。

    色見本やメーカーのロゴなど色の正確性を必要とする画像に向いています。

  Saturation

    輝度(Lightness)を犠牲にして色相(Hue)と彩度(Saturation)維持します。
    チャートやグラフなどシンプルな配色で見やすさを必要とする画像に向いています。

Scanner default color ICM-profile

  スキャナーのカラー用のICCプロファイルを指定します。

  カラー用に提供されているICCプロファイルを指定してください。
  グレースケール用に提供されているICCプロファイルは指定できません。

  「ブラウズ」ボタンをクリックすると以下のファイル選択画面が表示されます。
  ICCプロファイルを選択して「OK」ボタンをクリックしてください。


Scanner default gray ICM-profile

  スキャナーのグレースケール用のスキャナーのICCプロファイルを指定します。

  グレースケール用に提供されているICCプロファイルを指定してください。
  カラー用に提供されているICCプロファイルは指定できません。
  
  「ブラウズ」ボタンをクリックすると以下のファイル選択画面が表示されます。
  ICCプロファイルを選択して「OK」ボタンをクリックしてください。


Display ICM-profile

  ディスプレイ(モニター)のICCプロファイルを指定します。

  「ブラウズ」ボタンをクリックすると以下のファイル選択画面が表示されます。
  ICCプロファイルを選択して「OK」ボタンをクリックしてください。


Custom proofing ICM-profile

  プルーフィング(色校正・プルーフ)に使用するICCプロファイルを指定します。
  プルーフィングで使用するので、プリンターのICCプロファイルを指定します。

  「ブラウズ」ボタンをクリックすると以下のファイル選択画面が表示されます。
  ICCプロファイルを選択して「OK」ボタンをクリックしてください。


Working color space ICM-profile

  作業時に使用するICCプロファイルを指定します。

  「ブラウズ」ボタンをクリックすると以下のファイル選択画面が表示されます。
  ICCプロファイルを選択して「OK」ボタンをクリックしてください。

 

「適用」ボタン

  「Color management」タブで行った設定を保存し、「XSane」に反映します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション