kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

カラーマネージメントの設定を変更する

  ビューワーでは、「カラーマネージメント」の設定を変更することができます。
  変更できる内容は以下のとおりです。

  1. カラーマネージメントの有効・無効切り替え
  2. 黒点補正の有効・無効切り替え
  3. インテントの変更

1.カラーマネージメントの有効・無効を切り替る

  「カラーマネージメント」の有効・無効を切り替えます。

  カラーマネージメントを無効にする

    「カラーマネージメント」を無効にするには、「Color management」メニューを開き「Enable Color management」をクリックします。

    以下のように「Enable Color management」にチェックが入っていなければ、「カラーマネージメント」が無効になっています。


    「カラーマネージメント」を無効にすると、ICCプロファイルによる色変換が行われなくなります。

  カラーマネージメントを有効にする

    「カラーマネージメント」を有効にするには、「Color management」メニューを開き「Enable Color management」をクリックします。

    以下のように「Enable Color management」にチェックが入っていれば、「カラーマネージメント」が有効になっています。


    「カラーマネージメント」を有効にすると、スキャナーのICCプロファイルからディスプレイのICCプロファイルへ色変換が行われます。

2.黒点補正の有効・無効を切り替える

  黒点補正の有効・無効を切り替えます。

  黒点補正を無効にする

    黒点補正を無効にするには、「Color management」メニューを開き「Black point compensation」をクリックします。

    以下のように「Black point compensation」にチェックが入っていなければ、黒点補正が無効になっています。


  黒点補正を有効にする

    黒点補正を有効にするには、「Color management」メニューを開き「Black point compensation」をクリックします。

    以下のように「Black point compensation」にチェックが入っていなければ、黒点補正が有効になっています。


    補足

      黒点補正は「カラーマネージメント」が有効な時のみ機能します。
      黒点補正を有効にするには、事前に「カラーマネージメント」を有効にしておいてください。

3.インテントを変更する

  インテントを変更します。


  補足

    インテントは「カラーマネージメント」が有効な時のみ機能します。
    インテントの変更を反映するには、事前に「カラーマネージメント」を有効にしておいてください。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション