kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

FAXプロジェクト画面のUI構成

  FAXプロジェクト画面のUI構成です。


  1.プロジェクトフォルダーのパス

    プロジェクトファイルが保存されているフォルダーのパスが表示されます。
    プロジェクトを作成済みなら、現在開いているプロジェクトのフォルダーになります。

    本スキャンを行うと、このフォルダーにスキャンした画像が保存されます。

  2.電話番号

    FAXを送信する相手の電話番号を入力します。

  3.ファインモード

    送信するFAXの画質を設定します。
    チェックをオンにすると、高画質でFAXを送信します。

  4.ページの一覧

    スキャンした画像の一覧です。
    スキャンした各画像は、ページと呼ばれます。

    ここに表示されている順番でFAXのページが作成され、FAXが送信されます。

  5.ファイルを挿入

    画像ファイルをHDDから追加します。
    FAXの表紙などよく利用する画像を追加することができます。

    追加できる画像は、PostScript形式の画像だけです。

  6.ページを表示

    「4.」で選択した画像をビューワーで表示します。

  7.ページをリネーム

    「4.」で選択した画像のページ名を変更します。
    ページ名を変更すると、画像ファイルのファイル名が変更されます。

  8.ページ削除

    「4.」で選択した画像を削除します。

  9.順番の変更

    「4.」で選択した画像の順番を変更します。

  10.情報の表示

    操作内容や結果が表示されます。

  11.プロジェクトを送る

    FAXを送信します。

  12.プロジェクトの削除

    現在開いているプロジェクトを削除します。

スキャンを行い画像を保存する

  本スキャンを行い画像を保存します。
  スキャン方法は通常の方法と同じです。

  1.本スキャンを行う

    色補正やスキャンする範囲などを設定したら、「スキャン」ボタンをクリックします。


    色補正等の設定は、「メインウィンドウのUI構成」を参考にしてください。

  2.画像の蓄積

    以下のように本スキャンした画像がフォルダーに保存され、ページ一覧に表示されます。


    本スキャンを実行するたびに、以下のように画像が保存されていきます。


    プロジェクトフォルダーを「Nautilus」で開くと、以下のように本スキャンした画像が「PNM」形式で保存されていることが分かります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション