kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

検索ウィンドウを閉じた状態で引き続き文字列の検索を行う

  検索ウィンドウを閉じた状態で引き続き検索を行う方法です。
  一度検索を行うと、以下のように検索条件に合う文字列が強調表示されます。


  強調表示されている状態であれば、検索ウィンドウを閉じた状態で引き続き検索を行うことができます。

  検索ウィンドウや検索オプション等については、「検索ウィンドウを表示し文字列を検索する」を参考にしてください。

キャレットがある位置より後ろにある文字列を検索する

  現在キャレットがある位置より後ろにあり、かつ、条件に合う文字列を検索します。

  1.検索位置の設定

    検索を開始する位置にキャレットを設定します。


  2.次を検索

    「検索」メニューを開き、「次を検索」をクリックします。
    「Ctrl + G」キーを押しても良いです。


  3.検索完了

    以下のようにキャレットより後ろにあり、かつ、検索条件に合う文字列が選択されます。


キャレットがある位置より前にある文字列を検索する

  現在キャレットがある位置より前にあり、かつ、条件に合う文字列を検索します。

  1.検索位置の設定

    検索を開始する位置にキャレットを設定します。


  2.前を検索

    「検索」メニューを開き、「前を検索」をクリックします。
    「Shift + Ctrl + G」キーを押しても良いです。


  3.検索完了

    以下のようにキャレットより前にあり、かつ、検索条件に合う文字列が選択されます。


強調表示をクリアするには

  検索を終え、強調表示をクリアしたい場合は、「検索結果の強調表示をクリアする」を参考にしてください。
  強調表示をクリアすると、上記の方法による検索は行えなくなりますが、検索ウィンドウに入力した検索条件や検索オプションは保持されています。

  検索ウィンドウを表示すれば、再度同じ検索が行えます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション