kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

設定画面を表示する

  「gedit」の設定画面を表示します。
  「編集」メニューを開き、「設定」をクリックします。


表示設定

  設定画面を表示し、「表示」タブをクリックすると以下のように表示に関する設定を行うことができます。


  行番号を表示する

    チェックをオンにすると、以下のように左側に行番号を表示します。


    また現在キャレットがある行の行番号は太字で表示されます。

  行の右マージンを表示する

    チェックをオンにすると、右マージンを表示します。
    マージンは文字数を指定します。


    上記は右マージンの表示を有効にし、マージンに「20」を指定しています。
    右マージンを超えてテキストを入力することもできます。

    補足

      フォントやフォントサイズによっては文字により幅が異なるため、右マージンを基準に文字を入力したとしても、必ずしも指定した文字数に一致しているとは限りません。

テキストの折り返し

  テキストの折り返しに関する設定です。

  テキストの折り返しを有効にする

    ウィンドウの幅を超えるテキストを自動的に折り返して表示します。

    チェック オフ

      チェックがオフなら、テキストの折り返しを行いません。

      テキストがウィンドウの幅を超える場合、ウィンドウの幅を超えたテキストを見るには横にスクロールする必要があります。


    チェック オン

      チェックがオンなら、テキストの折り返しを行います。


  単語を二行以上に分割しない

    テキストの折り返しが有効になっている時に指定できるオプションです。
    単語の途中で折り返しが発生しないように、折り返し位置を調整します。

    日本語では、単語は認識されません。

    チェック オフ

      チェックがオフなら、テキストがウィンドウの幅に達した時点で折り返しを行います。


      「weather」という単語の途中で折り返しが発生しています。

    チェック オン

      チェックがオンなら、単語が途中で区切られないようにテキストの折り返しを行います。


      「weather」という単語の途中で折り返しが発生しないように、折り返し位置が調整されています。

強調表示

  強調表示に関する設定です。

  カーソルのある行を強調表示する

    チェックをオンにすると、カーソルのある行(キャレットのある行)の背景色を強調表示します。


  対応するカッコを強調表示する

    チェックをオンにすると、{}や()など、カッコの組み合わせにキャレットを合わせると、対応するカッコを強調表示します。

    以下は{}の例です。


    以下は()の例です。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション