kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Pythonコンソールプラグイン

  「Pythonコンソール」プラグインは、ボトムパネルにPythonコンソールを表示するプラグインです。
  Pythonコンソールから「gedit」を操作できます。


プラグインの使い方

  「Pythonコンソール」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「Pythonコンソール」にチェックを入れます。


  Pythonコンソール

    ボトムパネルを表示し「Python Console」のタブをクリックすると、Pythonコンソールが表示されます。


Pythonコンソールプラグインの設定

  「Pythonコンソール」プラグインの設定です。
  「Pythonコンソール」プラグインの設定画面を開くと、以下の画面が表示されます。


  コマンドの色

    ユーザーが入力したコマンドの色を指定します。


    カラーボタンをクリックすると、以下のように色選択画面が表示されるので、色を選択し「選択」ボタンをクリックします。


  エラーの色

    エラーの色を指定します。


    カラーボタンをクリックすると、以下のように色選択画面が表示されるので、色を選択し「選択」ボタンをクリックします。


Zeitgeistデータプロバイダープラグイン

  「Zeitgeistデータプロバイダー」プラグインは、ファイルの使用履歴を記録し、他のアプリから使用履歴を利用できるようにするプラグインです。

  プラグインの使い方

    「Zeitgeistデータプロバイダー」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「Zeitgeistデータプロバイダー」にチェックを入れます。


  使用履歴の例

    「Zeitgeistデータプロバイダー」プラグインを有効にすると、ファイルの使用履歴が記録され、Dash等他のアプリから「gedit」で使用したファイルの一覧が表示できるようになります。

    以下はDashホームでの表示例です。


    以下はファイルレンズでの表示例です。


  セキュリティーとプライバシーについて

    「システム設定」の「セキュリティーとプライバシー」では、記録する履歴情報を細かく制御することができます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション