kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

終端プレースホルダー

  「終端プレースホルダー」は、「プレースホルダー」の移動の終わりを示す「プレースホルダー」です。
   最終的に「終端プレースホルダー」にキャレットが移動します。


  移動の終わりと終端プレースホルダー

    「終端プレースホルダー」が記述されていないスニペットでは、「tab」キーによる「プレースホルダー」の移動の終端は、スニペットの最後になります。
    従って、スニペットの最後にキャレットが移動します。

    「終端プレースホルダー」が記述されていないスニペットでは、「tab」キーによる「プレースホルダー」の移動の終端は、「終端プレースホルダー」になります。

    「終端プレースホルダー」が記述されている場所にキャレットが移動します。  

終端プレースホルダーのフォーマット

  「終端プレースホルダー」のフォーマットは、以下のようになります。

$0

スニペットの記述例

  スニペットの記述例です。


「${1:Ubuntu}」はLinuxディストリビューションの1つです。
「${2:Debian}」から派生しています。

より簡単に、より便利に利用できるよう、
インストーラーやアプリケーションなど様々なソフトウェアを
整備し提供しています。
$0
初心者から上級者まで、
誰にでも簡単に扱えるOSを目指しています。

スニペットの使用例

  ドキュメントに上記のスニペットを挿入すると、以下のようになります。

  1.タブの入力

    スニペットを挿入するため、上記のスニペットに設定してある「タブ」を入力します。


  2.スニペットの挿入

    「Tab」キーを押すと、以下のようにスニペットの内容がドキュメントに展開されます。
 

    すべての「プレースホルダー」の中で最も番号の小さい「${1:Ubuntu}」に、フォーカスが設定されています。

  3.${1:Ubuntu}の編集

    一番最初にフォーカスが設定されるので、そのまま文字を入力すれば「${1:Ubuntu}」の編集が可能です。


  4.${2:Debian}に移動

    「Tab」キーを押すと、次に番号の小さい「${2:Debian}」にフォーカスが設定されます。


  5.${2:Debian}の編集

    フォーカスが設定されている状態、もしくはキャレットが設定されている状態で文字を入力すれば、「${2:Debian}」の編集が可能です。


  6.$0に移動

    「Tab」キーを押すと、次に番号の小さい「プレースホルダー」がないため、「$0」にキャレットが移動し、スニペットの編集が完了します。


  7.もし$0がなかった場合

    もしこのスニペットに「$0」がなかった場合、以下のようにスニペットの最後にキャレットが移動します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション