kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

スペルチェックプラグイン

  スペルチェックプラグインは、ドキュメントのスペルチェックを行うプラグインです。


プラグインを有効にする

  「スペルチェックプラグイン」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「スペルチェッカー」にチェックを入れます。


  スペルのチェック方法

    スペルチェックの方法には以下の2種類があります。

  • ドキュメント全体をチェックし、チェックに引っかかった箇所を強調表示・修正する
  • ドキュメント全体を1単語ずつチェックし、チェックに引っかかった箇所の修正を行う

スペルミスを強調表示する

  ドキュメント全体をチェックし、チェックに引っかかった箇所を強調表示します。
  強調表示された単語は、修正候補から単語の修正を行うことができます。

  1.ドキュメントを開く

    スペルチェックを行うドキュメントを開き、表示します。


  2.スペルチェックを行う

    「ツール」メニューを開き、「スペルミスの強調表示」をクリックします。


  3.スペルミスの強調表示

    以下のようにスペルチェックが行われ、スペルチェックに引っかかった単語に赤の波線や点線が表示されます。


  4.スペルミスの修正

    赤の波線や点線が引かれている単語は、修正候補から単語の修正を行うことができます。
    修正を行いたい単語をクリックし(キャレットを設定し)、右クリックします。


  5.修正候補の表示 

    表示されたメニューから「スペルの提示」を選択します。
    以下のように単語の修正候補が表示されます。


    修正候補の中に該当する単語があれば、その単語をクリックします。

  6.他の修正候補を表示

    上記の修正候補の中に該当する単語がなかった場合、「詳細」を選択します。
    以下のように他の修正候補が表示されます。


    修正候補の中に該当する単語があれば、その単語をクリックします。

  7.単語の修正完了

    以下のように選択された単語が修正候補で選択された単語に修正されます。


    この方法で単語の修正を行った場合、選択された単語のみが修正されます。
    以下のように同じスペルミスの単語は修正されません。
    


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション