kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

5.ツールの標準出力の設定を行う

  ツールが標準出力に出力した内容を、どこに出力するのか設定を行います。


  ツールのサンプル

    ここでは、以下のツールを使用して結果を表示しています。


  出力メニュー

    「出力」ボタンをクリックすると、以下のメニューが表示されます。
      ツールが標準出力に出力した内容の出力先を、以下のメニューから選択します。


  なし

    標準出力に出力した内容を破棄します。


  ボトムペインに表示する

    標準出力に出力した内容をボトムペインに表示します。


  新しいドキュメントを作成する

    ツール実行時に新しいドキュメントを作成し、そのドキュメントにツールが標準出力に出力した内容を出力します。


  編集中のドキュメントに追加する

    現在編集中のドキュメントの最後に、ツールが標準出力に出力した内容を出力します。


  編集中のドキュメントを置き換える

    現在編集中のドキュメントの内容を、ツールが標準出力に出力した内容で置き換えます。


  現在の選択範囲を置き換える

    現在選択されているドキュメントのテキストを、ツールが標準出力に出力した内容で置き換えます。

    例えば、以下のようにテキストが選択されているとします。


    ツールを実行すると、以下のように選択されたテキストを、ツールが標準出力に出力した内容で置き換えます。


    もし選択されたテキストがない場合は、現在カーソル(キャレット)がある位置に、ツールが標準出力に出力した内容を挿入します。

  カーソルがある位置に挿入する

    現在カーソル(キャレット)がある位置に、ツールが標準出力に出力した内容を挿入します。

    例えばカーソルの位置が以下のようになっているとします。


    ツールを実行すると、以下のように現在カーソル(キャレット)がある位置に、ツールが標準出力に出力した内容を挿入します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション