kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

6.ツールの適用範囲を設定する

  ツールの適用範囲を設定します。

  ツールの適用範囲の設定することで、現在選択されている言語(モード)やドキュメントの状態に応じて、ツールをメニューに表示するかどうか制御することができます。




  適用範囲メニュー

    「適用範囲」ボタンをクリックすると、以下のメニューが表示されます。
      ツールを有効にするドキュメントの状態を、以下のメニューから選択します


  常に利用する

    常にツールを利用できるようにします。
    これを選択すると、言語(モード)の設定は行えません。

  すべてのドキュメント

    ドキュメントの状態によらず、すべてのドキュメントでツールを利用できるようにします。
    また、ツールが利用できる言語(モード)の設定を行うことができます。

    言語(モード)だけでツールを利用できるかどうかを設定したい場合は、この選択肢を選びます。

  保存していないものを除くすべてのドキュメント

    ファイルに保存されているドキュメントのみ、ツールを利用できるようにします。
    加えて、言語(モード)ごとにツールを利用できるかどうかを設定することができます。

  ローカルファイルのみ

    ドキュメントのファイルがネットワーク上のファイルではない時のみ、ツールを利用できるようにします。

    加えて、言語(モード)ごとにツールを利用できるかどうかを設定することができます。

    ファイルがネットワーク上にあるかどうかを調べるため、ファイルに保存されていないドキュメントではツールを利用することができません。

  リモートのファイルのみ

    ドキュメントのファイルがネットワーク上にあるファイルである時のみ、ツールを利用できるようにします。

    加えて、言語(モード)ごとにツールを利用できるかどうかを設定することができます。
     ファイルがネットワーク上にあるかどうかを調べるため、ファイルに保存されていないドキュメントではツールを利用することができません。

  無題のドキュメントのみ

    ファイルに保存されていないドキュメントのみ、ツールを利用できるようにします。

言語の選択について

  上記のドキュメントの状態の設定によっては、ツールが利用できる言語(モード)を設定することができます。

  ツールが利用できる条件は、ドキュメントの状態と言語(モード)の両方の条件を満たしている場合です。

  ツールが利用できる言語(モード)を設定したい場合は、右側のボタンをクリックします。
  以下のように言語の一覧が表示されます。



  All Languages

    すべての言語(モード)でツールを利用できるようにします。

  Plain Text

     言語(モード)が「なし」の時にツールを利用できるようにします。

  上記以外

     言語(モード)が指定されたモードの時にツールを利用できるようにします。

  捕捉

    「All Languages」を除いて、複数の言語(モード)を選択することができます。


    言語を選択すると、選択された言語ごとにツールが表示されます。


ショートカットキーからツールを実行する場合

  ショートカットキーからツールを実行する場合、適用範囲の設定に関わらず常にツールが実行できます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション