kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ドキュメントのファイル名を変更する

  ドキュメントのファイル名を変更します。

  コマンドのフォーマット

    ドキュメントのファイル名を変更するコマンドのフォーマットは、以下のようになります。

edit.rename ファイル名

  注意

    ドキュメントのファイル名を変更するコマンドは、以下のすべての条件が満たされている時のみ利用できます。

  • ネットワーク上のファイルではない
  • ドキュメントがファイルに関連付けられている
  • ドキュメントの内容が編集されていない

    ファイル名の変更を行う前に、ドキュメントをファイルに保存しておきましょう。

  1.ドキュメントの表示

     現在表示しているドキュメントのファイルが対象になるため、まずファイル名を変更したいドキュメントを表示します。


    ここでは例として「天気.txt」ファイルのファイル名を変更します。

  2.コマンドの入力と実行

    以下のようにコマンドを入力します。


    ここでは例として「予報.txt」にファイル名を変更します。
    「エンター」キーを押してコマンドを実行します。

  3.すでに同名のファイルが存在する場合

    すでに同名のファイルが存在する場合、以下のようにファイルを上書きするかどうか確認が行われます。


    上書きする場合は、そのまま「エンター」キーを押すか、「y」を入力して「エンター」キーを押します。
    ファイル名の変更を中止する場合は、「n」を入力して「エンター」キーを押します。

  4.ファイル名変更完了

    以下のように、ファイル名が変更されます。


  ファイルの確認

    ファイル名を変更したドキュメントのファイルを確認すると、以下のようにファイル名が変更されています。


ドキュメントのファイルを別のフォルダーに移動する

  ドキュメントのファイルを別のフォルダーに移動します。

  移動先のフォルダーが存在しなければ、フォルダーを作成してくれます。
  またファイルの移動と同時に、ファイル名の変更も可能です。

  コマンドのフォーマット

    ドキュメントのファイルを移動するコマンドのフォーマットは、以下のようになります。

edit.move 移動先のパス

  絶対パスと相対パスについて

    ファイルのパスは、絶対パスか相対パスを指定できます。
    相対パスで入力した場合は、カレントディレクトリーがベースディレクトリーになります。

    カレントディレクトリーは、「シェルコマンド」と同じ扱いです。

    パスの記述を「/」で始めると、ルートからの絶対パスになります。

    パスの記述を「./」で始めた場合や、直接フォルダー名やファイル名を入力した場合は、カレントディレクトリーからの相対パスになります。

    注意

      ユーザーのホームフォルダーを表す「~/」は利用できません。

  注意

    ドキュメントのファイルを移動するコマンドは、以下のすべての条件が満たされている時のみ利用できます。

  • ネットワーク上のファイルではない
  • ドキュメントがファイルに関連付けられている
  • ドキュメントの内容が編集されていない

    ファイルの移動を行う前に、ドキュメントをファイルに保存しておきましょう。

  1.ドキュメントの表示

     現在表示しているドキュメントのファイルが対象になるため、まずファイルを移動したいドキュメントを表示します。


    ここでは例として「~/ドキュメント/テキストサンプル/天気.txt」ファイルを移動します。

    パスやファイル名の補完について

      途中までパスやファイル名を入力して「TAB」キーを押すと、パスやファイル名が補完されます。
      ただしパスやファイル名に候補が複数ある場合は、補完は行われません。

  2.コマンドの入力と実行

    以下のようにコマンドを入力します。


    ここでは例として「~/ドキュメント/テキストサンプル/気象情報/予報.txt」にファイルを移動します。
    ファイル名も変更します。

    「エンター」キーを押してコマンドを実行します。

  3.移動先のフォルダーが存在しない場合

    移動先のフォルダー(ディレクトリー)が存在しない場合、以下のようにフォルダーを作成するかどうか確認が表示されます。


    フォルダーを作成する場合は、そのまま「エンター」キーを押すか、「y」を入力して「エンター」キーを押します。
    ファイルの移動を中止する場合は、「n」を入力して「エンター」キーを押します。

  4.すでに同名のファイルが存在する場合

    すでに同名のファイルが存在する場合、以下のようにファイルを上書きするかどうか確認が行われます。


    上書きする場合は、そのまま「エンター」キーを押すか、「y」を入力して「エンター」キーを押します。

    ファイル名の変更を中止する場合は、「n」を入力して「エンター」キーを押します。

  5.ファイルの移動完了

    以下のようにファイルが移動します。


  ファイルの確認

    移動したファイルの確認です。
    「気象情報」フォルダーが作成されています。


    「気象情報」フォルダーを開くと、以下のように移動したファイルが存在しています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション