kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

カーソル(キャレット)の位置を移動する

  カーソル(キャレット)の位置を移動します。

  カーソル位置の移動方法には、以下の方法があります。

  • 絶対位置で移動する
  • 相対位置で移動する

  加えて、列の指定も可能です。

  コマンドのフォーマット

    文字を小文字に変換するコマンドは、以下のようになります。

goto 行番号 列番号

  行番号

    カーソルの移動先の行番号を指定します。
    「+」や「-」をつけると、相対位置での移動になります。
    「+」や「-」をつけなければ、絶対位置での移動になります。

    行番号は「1」から始まります。

  列番号

    カーソルの移動先の列番号を指定します。
    このオプションを省略した場合、列番号は「1」が指定されます。

    列番号は「1」から始まります。

絶対位置で移動する

  絶対位置でカーソルを移動します。

  1.コマンドの入力

    ここでは例として、8行目にカーソルを移動します。
    列番号を指定していないため、8行目の頭にカーソルが移動します。

    以下のようにコマンドを入力します。


  2.コマンドの実行

    「エンター」キーを押すと、以下のようにカーソルが8行目の頭に移動します。


列番号を指定して移動する

  列番号を指定してカーソルを移動します。

  1.コマンドの入力

    ここでは例として、8行目の5列目にカーソルを移動します。
    以下のようにコマンドを入力します。


  2.コマンドの実行

    「エンター」キーを押すと、以下のようにカーソルが8行目の5列目に移動します。


相対位置で移動する(+)

  相対位置でカーソルを移動します。
  行番号の指定に「+」を付け、後方に移動します。

  1.現在のカーソル位置

    現在以下のように、カーソルが8行目の1列目にあるとします。


  2.コマンドの入力

    ここでは例として、2行後ろ(10行目)にカーソルを移動します。
    列番号を指定していないため、2行後ろの頭にカーソルが移動します。

    以下のようにコマンドを入力します。


  3.コマンドの実行

    「エンター」キーを押すと、以下のようにカーソルが10行目の1列目に移動します。


相対位置で移動する(-)

  相対位置でカーソルを移動します。
  行番号の指定に「ー」を付け、前方に移動します。

  1.現在のカーソル位置

    現在以下のように、カーソルが8行目の1列目にあるとします。


  2.コマンドの入力

    ここでは例として、2行前(6行目)にカーソルを移動します。
    列番号を指定していないため、2行前の頭にカーソルが移動します。

    以下のようにコマンドを入力します。


  3.コマンドの実行

    「エンター」キーを押すと、以下のようにカーソルが6行目の1列目に移動します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション