kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

SyncTeX

  「SyncTeX」プラグインは、TeXソースファイルとTeXソースファイルから生成されたPDFファイルの文章の位置関係を強調表示するプラグインです。


  TeXソースファイル上の文章が、PDFファイル上でどこに表示されているのか確認することができます。
  また、PDFファイル上で表示されている文章が、TeXソースファイル上のどの箇所の文章なのか確認することができます。

  Evinceと連携して動作する

    「SyncTeX」プラグインは、PDFビューワーに「Evince」(ドキュメントビューワー)を使用します。
    事前に「Evince」をインストールしておく必要があります。
    Ubuntuでは標準でインストールされています。

プラグインを有効にする

  「SyncTeX」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「SyncTeX」にチェックを入れます。


SyncTeXファイルについて

  「SyncTeX」プラグインを利用して文章の位置関係を強調表示するには、文章の位置関係を記述した「SyncTeX」ファイルが必要になります。

  TeXソースファイルからPDFファイルを生成する時に、「SyncTeX」ファイルを作成するようにしてください。

  例えば、TeXソースファイルのプリアンブルに以下の記述を行いコンパイルすれば、「SyncTeX」ファイルが生成されます。

\synctex=1

  ソフトウェアによっては、設定で「SyncTeX」ファイルの生成を制御することができます。

  ファイル構成の例

    以下はファイル構成の例です。


    LaTeX.tex

      TeXソースファイルです。

    LaTeX.synctex.gz

      「SyncTeX」ファイルです。

    LaTeX.pdf

      TeXソースファイルから生成されたPDFファイルです。

TeXソースファイルからPDFファイルの文章の位置を強調表示する

  TeXソースファイルからPDFファイルの文章の位置を強調表示します。

  1.カーソル位置の設定

    文章の位置は、カーソルがある単語の位置を表示します。
    ここでは例として、以下の位置にカーソルを設定しています。


  2.PDFファイルを開く

    「ツール」メニューを開き「Forward Search」をクリックするか、「Ctrl + Alt + F」キーを押します。


  3.文章の強調表示

    以下のようにカーソル位置にある単語が含まれる行が、赤枠で強調表示されます。


    単語だけでなく数式も強調表示できます。
    例えば、以下の箇所にカーソルを設定します。


    「Forward Search」を行うと、以下のように数式部分が強調表示されます。


PDFファイルからTeXソースファイルの文章の位置を強調表示する

  上記とは逆に、PDFファイルからTeXソースファイルの文章の位置を強調表示します。

  1.単語のクリック

    TeXソースファイルで強調表示したい単語を、「Ctrl」キーを押しながらクリックします。


  2.TeXソースファイルの強調表示

    以下のように、該当する行が強調表示されます。


  注意

    この機能を利用するには、「gedit」の「Forward Search」からPDFファイルを表示する必要があります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション