kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

UEFIのPCにUbuntu 14.10 インストールする(パーティションの作成 〜 ブートローダーの設定)

  UEFIで起動するPCにUbuntu 14.10 インストールします。

  「UEFIのPCにUbuntu 14.10 インストールする(ライブメディアから起動 〜 インストールの種類の選択)」の続きです。

  ここではインストール作業の中で山場となるパーティションの作成を行います。
  HDDの空き領域にパーティションを作成し、そこにUbuntu 14.10をインストールします。

  必要なパーティションについて

    UEFI環境において最低限必要となるパーティションは以下のとおりです。

  1. UbuntuのOSローダーをインストールするEFIシステムパーティション
  2. Ubuntuをインストールするルートパーティション
  3. Ubuntuのスワップパーティション

    このうち、「2.」以外のパーティションは、Ubuntu 14.04インストール時に作成したパーティションをそのまま利用します。

    ここで新規に作成するパーティションは、「2.」のパーティションだけです。

7.現在のパーティション構成の確認

  現在のパーティション構成を確認します。


  /dev/sda

    この環境にはHDDが1つ接続されています。
    このHDDが「/dev/sda」です。

  /dev/sda1

    「EFIシステムパーティション」パーティションです。
    Ubuntu 14.04インストール時に作成したパーティションです。

  /dev/sda2

    Ubuntu 14.04をインストールしたパーティションです。(ルートパーティション)

  /dev/sda3

    「スワップパーティション」パーティションです。
    Ubuntu 14.04インストール時に作成したパーティションです。

  空き領域

    「/dev/sda2」と「/dev/sda3」の間にある空き領域に、Ubuntu 14.10をインストールするパーティションを作成します。

8.EFIシステムパーティションの確認

  UbuntuのOSローダー(ブートローダー)をインストールする「EFIシステムパーティション」を確認します。

  上記で記述した通り、「EFIシステムパーティション」はすでに作成済みの「EFIシステムパーティション」を使用します。
  
  ここでは、「EFIシステムパーティション」の確認のみ行います。

  8-1.EFIシステムパーティションの確認

    以下のように「EFIシステムパーティション」を選択し、「Change」ボタンをクリックします。


  8-2.EFIシステムパーティションの設定確認

    以下のように「EFIシステムパーティション」の設定が表示されます。


    「OK」ボタンをクリックして、この画面を閉じます。

9.ルートパーティションの作成

  次にUbuntuのインストール先となるルートパーティションを作成します。

  9-1.ルートパーティションの作成

    以下のように「空き領域」を選択し、「+」ボタンをクリックします。


  9-2.ルートパーティションの設定

    以下の画面が表示されるので、作成するルートパーティションの設定を行います。
    ここでは例として、25GBをルートパーティションに割り当てます。


    サイズ

      作成するパーティションのサイズをMBで指定します。

    新しいパーティションのタイプ

      GPT形式なので、「基本パーティション」を選択します。

    新しいパーティションの場所

      パーテションの確保位置を選択します。
      通常は「この領域の始点」を選択します。

    利用方法

      パーティションのファイルシステムをメニューから選択します。
      「ext4 ジャーナリングファイルシステム」を選択します。

    マウントポイント

      パーティションのマウントポイントをメニューから選択します。
      ルートパーティションなので「/」を選択します。


    設定したら「OK」ボタンをクリックします。

  9-3.ルートパーティション作成完了

    以下のようにルートパーティション(/dev/sda4)が作成されます。


10.スワップパーティションの確認

  最後に「スワップパーティション」を確認します。

  上記で記述した通り、「スワップパーティション」はすでに作成済みの「スワップパーティション」を使用します。
  
  ここでは、「スワップパーティション」の確認のみ行います。

  10-1.スワップパーティションの確認

    以下のように「スワップパーティション」を選択し、「Change」ボタンをクリックします。


  10-2.スワップパーティションの設定確認

    以下のように「スワップパーティション」の設定が表示されます。


    「OK」ボタンをクリックして、この画面を閉じます。 

11.ブートローダーの設定

  最後にOSローダー(ブートローダー)をインストールするHDDを選択します。
  ここで選択したHDDの「EFIシステムパーティション」にOSローダー(ブートローダー)がインストールされます。


  以上でパーティションやブートローダーの設定は完了です。
  「インストール」ボタンをクリックします。

   以下のように、パーティションの変更確認画面が表示されます。


    「続ける」ボタンをクリックします。

  「UEFIのPCにUbuntu 14.10 インストールする(タイムゾーンの設定 〜 Ubuntuの起動)」に続きます。 


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション