kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Pythonトレースバックプラグイン

  「Pythonトレースバック」プラグインは、Pythonのアプリで発生した警告やコード内で捕捉されなかった例外を捕捉し、その内容を「gedit」に表示するプラグインです。


サイト固有もしくはユーザー固有のサイト設定をカスタマイズすることで、既存のPythonアプリを修正することなく、「gedit」で警告や例外を捕捉することができます。

インストール

  「Pythonトレースバック」プラグインのインストールです。

  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。
 
       ppa:gedit-bc-dev-plugins/releases

  2.インストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「gedit-python-traceback」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

プラグインを有効にする

  「Pythonトレースバック」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「Python Traceback」にチェックを入れます。


警告や例外の捕捉や表示について

  捕捉した警告や例外は、「gedit」のボトムパネルの「Python Traceback」タブに表示されます。


  警告や例外を捕捉するまで、「Python Traceback」タブは表示されません。
  また捕捉した警告や例外を表示するには、事前に「gedit」を起動しておく必要があります。

Python TracebackのUI構成

  「Python Traceback」のUI構成です。


  1.警告や例外の情報

    捕捉した警告や例外の情報が表示されます。

   警告や例外をダブルクリックすると、ソースコードを「gedit」で開き、警告や例外が発生した位置にカーソルを移動します。

    ただしソースコードが見つからない場合、ソースコードを開くことはできません。

  2.existing files only

    チェックをオンにすると、ソースコードがある警告や例外のみ表示します。
    チェックをオフにすると、ソースコードの有無による警告や例外のフィルタリングを行いません。

  3.user files only

    チェックをオンにすると、ソースコードがユーザーのホームフォルダー以下にある警告や例外のみ表示します。

  4.クリア

    「1.」に表示されている警告や例外を全て削除します。

  5.閉じる

    「Python Traceback」タブを閉じます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション