kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ディスクイメージの扱い

  ディスクからディスクイメージを作成する際、ディスクイメージの種類を選択することができます。
  選択したディスクイメージの種類により、生成されるディスクイメージファイルの構成が変わります。

ISO9660イメージ

  「ISO9660イメージ」は、最もよく利用されるディスクイメージの種類です。



  ディスクイメージの拡張子は、「iso」です。
  Ubuntuの公式サイトやUbuntu Japanese TeamのサイトからダウンロードできるUbuntuのディスクイメージは、このディスクイメージの種類です。

  デフォルトでマウントできる

    Ubuntuでは、デフォルトで「ISO9660イメージ」をマウントする機能を提供しています。
    ディスクイメージをマウントすれば、「Nautilus」からディスクイメージの中身にアクセスすることができます。

  他のOSでも利用できる

    「ISO9660イメージ」は、他のOSでも利用できます。
    特に理由がなければ、「ISO9660イメージ」でディスクイメージを作成するとよいでしょう。

  音楽CDには利用できない

    音楽CDをディスクイメージにする場合、「ISO9660イメージ」でディスクイメージを作成することはできません。

    別のディスクイメージの種類を利用してください。

Readcd/Readomイメージ

  「Readcd/Readomイメージ」は、Ubuntu(Linux)向けのディスクイメージです。


  ディスクイメージの拡張子は、「toc」です。

  2種類のファイルで構成される

    「Readcd/Readomイメージ」は、ディスクイメージの情報を記述した「toc」ファイルと、実際のデータを格納したバイナリーファイルの、2種類のファイルで構成されます。

    もしディスクイメージを別のフォルダーに移動したりコピーする場合は、必ず2種類のファイルを一緒に移動やコピーしてください。

  CDでのみ利用できる

    「Readcd/Readomイメージ」は、CDでのみ利用できます。
    DVDなどCDのサイズを超えるディスクから 「Readcd/Readomイメージ」を作成することはできません。

  音楽CDからディスクイメージを作成できる

    音楽CDからディスクイメージを作成できます。

CUEイメージ

  「CUEイメージ」は、CUEシートを作成するディスクイメージです。


  ディスクイメージの拡張子は、「cue」です。

  2種類のファイルで構成される

    「CUEイメージ」は、ディスクイメージの情報を記述した「cue」ファイルと、ディスクのデータを格納したバイナリーファイルの、2種類のファイルで構成されます。

    もしディスクイメージを別のフォルダーに移動したりコピーする場合は、必ず2種類のファイルを一緒に移動やコピーしてください。

  CDでのみ利用できる

    「CUEイメージ」は、CDでのみ利用できます。
    DVDなどCDのサイズを超えるディスクから 「CUEイメージ」を作成することはできません。

  音楽CDからディスクイメージを作成できる

    音楽CDからディスクイメージを作成できます。
    音楽CDからディスクイメージを作成するなら、 「CUEイメージ」がおすすめです。

  他のOSでも利用できる

    他のOSでもCUEイメージに対応したソフトウェアを用意すれば、「CUEイメージ」を利用することができます。

  ディスクイメージの情報について

    「cue」ファイルは、テキスト形式のファイルです。
    「cue」ファイルには、ディスクのデータを格納したバイナリーファイルへのパスが記述されています。

    「cue」ファイルを「テキストエディター」で開くと、バイナリーファイルへのパスが赤線の箇所に記述されています。


     バイナリーファイルへのパスが絶対パスで記述されているため、別のフォルダーにディスクイメージを移動すると、ディスクイメージが読み込めなくなります。

    以下のようにパスを削除し、ファイル名のみ記述すれば、別のフォルダーにディスクイメージを移動しても、ディスクイメージが利用できます。


cdrdaoイメージ

  「cdrdaoイメージ」は、Ubuntu(Linux)向けのディスクイメージです。


  ディスクイメージの拡張子は、「toc」です。

  2種類のファイルで構成される

    「cdrdaoイメージ」は、ディスクイメージの情報を記述した「toc」ファイルと、ディスクのデータを格納したバイナリーファイルの、2種類のファイルで構成されます。

    もしディスクイメージを別のフォルダーに移動したりコピーする場合は、必ず2種類のファイルを一緒に移動やコピーしてください。

  CDでのみ利用できる

    「cdrdaoイメージ」は、CDでのみ利用できます。
    DVDなどCDのサイズを超えるディスクから 「cdrdaoイメージ」を作成することはできません。

  音楽CDからディスクイメージを作成できる

    音楽CDからディスクイメージを作成できます。

  ディスクイメージの情報について

    「toc」ファイルは、テキスト形式のファイルです。
    「toc」ファイルには、ディスクのデータを格納したバイナリーファイルへのパスが記述されています。

    「toc」ファイルを「テキストエディター」で開くと、バイナリーファイルへのパスが赤線の箇所に記述されています。


     バイナリーファイルへのパスが絶対パスで記述されているため、別のフォルダーにディスクイメージを移動すると、ディスクイメージが読み込めなくなります。

    以下のようにパスを削除し、ファイル名のみ記述すれば、別のフォルダーにディスクイメージを移動しても、ディスクイメージが利用できます。



まとめ

  4つのディスクイメージの種類を紹介しました。
  どのディスクイメージの種類を利用すればよいかまとめると、以下のようになります。

  • 音楽CD:CUEイメージ
  • データディスク(音楽CD以外):ISO9660イメージ


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション