kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Samba(SMB/CIFS)の共有フォルダーを追加する

  Samba(SMB/CIFS)の共有フォルダーを追加します。

1.共有フォルダー追加画面の表示

  まず、共有フォルダーの追加画面を表示します。

  1-1.共有フォルダー追加画面の表示

  「追加」ボタンをクリックします。


  1-2.共有フォルダーの追加画面

    以下のように、共有フォルダーの追加画面が表示されます。


2.共有するフォルダーの選択

  共有するフォルダーを指定します。

  2-1.フォルダー選択メニューの表示

    「フォルダ」をクリックします。


  2-2.フォルダー選択画面の表示

    以下のメニューが表示されるので、一番下にある「その他」をクリックします。


    注意(2014/12/28)

      このメニューからフォルダーを選択しないでください。
      フォルダーは正常に選択されません。

  2-3.フォルダーの選択

    共有したいフォルダーを選択して、「開く」ボタンをクリックします。


    フォルダーを選択する時は、選択したいフォルダーを開いた状態で「開く」ボタンをクリックします。
    例えば「~/ピクチャ」フォルダーを選択したい場合は、以下のように「~/ピクチャ」フォルダーを開いた状態で「開く」ボタンをクリックします。


  2-4.フォルダー選択完了

    以下のように、選択したフォルダーのフォルダー名が表示されます。


    もし選択したフォルダーとは異なるフォルダー名が表示されていた場合は、もう一度フォルダーを選択しなおしてください。
    特に「名前」に、選択したフォルダーのフォルダー名が表示されているか確認してください。

3.共有方法の選択

  フォルダーの共有方法を選択します。

  3-1.共有プロトコルメニューの表示

    「共有プロトコル」をクリックします。


  3-2.共有プロトコルの選択

    以下のメニューが表示されるので、「Windowsネットワーク (SMB)」をクリックします。


4.共有フォルダーの設定

  最後に共有フォルダーの設定を行います。


  名前

    共有フォルダーのフォルダー名を入力します。
    相手のPCからは、ここで入力したフォルダー名が表示されます。

  コメント

    共有フォルダーの概要などコメントを入力します。

  読み込み専用

    チェックをオンにすると、共有フォルダー内のファイルは読み込み専用になります。
    チェックをオフにすると、共有フォルダー内のファイルは読み書き可になります。
    
  設定したら、「共有」ボタンをクリックします。

5.共有完了

  以下のように、共有フォルダーが一覧に追加され、ネットワーク上にフォルダーが公開されます。


6.共有フォルダーにアクセス

  フォルダーを共有したら、他のPCから共有されたフォルダーにアクセスしてみます。
  ここでは例として、Ubuntu GNOME 14.10からアクセスしてみます。

  Ubuntu GNOMEもUbuntuも同じ「Nautilus」を採用しているので、操作方法は同じです。

  注意

    ゲストアクセスは許可されないため、必ずSambaに登録しているユーザーで共有されたフォルダーにアクセスする必要があります。

  6-1.サーバー接続画面の表示

    「Nautilus」からサーバー接続画面を表示します。


  6-2.接続先の入力

    以下のように、ユーザー名付きで接続先を入力します。


    「接続する」ボタンをクリックします。

  6-3.パスワードの入力

    以下の画面が表示されるので、パスワードを入力し、「接続する」ボタンをクリックします。


  6-4.接続完了

    以下のように、共有フォルダーがマウントされます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション