kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ファイルやフォルダーの上書きチェックを無効にする

  デフォルトでは、ファイルやフォルダーの名称を変換する際、既に同名のファイルやフォルダーがないかチェックが行われます。

  例えば、以下のようにファイル名の変更を行ってみます。


  「1.txt」ファイルは既に存在しているため、この状態で「Rename」ボタンをクリックすると、以下のように警告画面が表示されます。


  「OK」ボタンをクリックすると、ファイル名の変換をすべて中止します。
  このファイルやフォルダーの上書きチェックを無効にすることができます。

  上書きチェックの切り替え

    「Options」メニューを開き「Disable security check」をクリックします。


    チェックをオンにすれば、ファイルやフォルダーの上書きチェックが無効になります。

    もし名称変換時に同名のファイルが存在していた場合、既存のファイルは上書きされます。
    もし名称変換時に同名のフォルダーが存在していた場合、名称を変換するフォルダーの名称は、一時的な名称に変換されます。


  注意

    ファイルを上書きする際、特にメッセージなどは表示されません。
    操作ミスを回避するためにも、上書きチェックを無効しないほうが良いです。

ファイルやフォルダー名の変換ログを表示する

  「GPRename」では、ファイルやフォルダー名の変換ログを作成します。
  このログを表示します。

  1.ログの表示

    「Options」メニューを開き「View log」をクリックします。


  2.ログ

    以下のように、ファイルやフォルダー名の変換ログが表示されます。


    ただし、日本語のファイル名は文字化けしています。
    「Clear」ボタンをクリックすると、ログを削除します。

  ログを直接見るには

    日本語が文字化けしている場合、ログを直接テキストエディターで開けば、文字化けせずにログを見ることができます。
    ログファイルは、「~/.config/gprename/gprename_log」です。


    テキストエディターでログを開くと、以下のようにログが表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション