kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

画像の情報からファイル名を変換する

  「Images」タブをクリックすると、画像の情報からファイル名を変換することができます。
  画像の情報とは、Exifのことです。


既存のファイル名のパターンを指定する

  既存のファイル名を、変換後のファイル名に使用したい場合、既存のファイル名のパターンを指定する必要があります。

  パターンは、「Original file name pattern」に指定します。


  使い方や指定できるパターンは、「既存のファイルやフォルダー名のパターンを指定する」と同じです。

変換後のファイル名のパターンを指定する

  変換後のファイル名のパターンを指定します。
  パターンは、「Renamed file name pattern」に指定します。


  使い方や指定できるパターンは、「変換後のファイルやフォルダー名のパターンを指定する」を参考にしてください。

  パターンは上記に加え、Exifのパターンが指定できます。
  もし画像ファイルにパターンに該当するExifデータが存在しなかった場合、そのパターンは空白文字に変換されます。

Exifのパターン

  Exifのパターンです。
  これらパターンは、Exifデータから取得した情報から文字列を生成し、その文字列で置き換えます。

  Exifのパターンには、以下の16種類があります。

No. 意味 パターン
1 写真を撮影した日付 {imagedate}
2 写真を撮影した年 {imageyear}
3 写真を撮影した月 {imagemonth}
4 写真を撮影した月名 {imagemonthname}
5 写真を撮影した月名(略名) {imagemonthsimp}
6 写真を撮影した日 {imageday}
7 写真を撮影した曜日 {imagedayname}
8 写真を撮影した曜日(略記) {imagedaysimp}
9 写真を撮影した時間 {imagetime}
10 写真を撮影した時 {imagehour}
11 写真を撮影した分 {imageminute}
12 写真を撮影した秒 {imagesecond}
13 写真の幅 {imagewidth}
14 写真の高さ {imageheight}
15 カメラのメーカー {cameramaker}
16 カメラのモデル名 {cameramodel}

  1.写真を撮影した日付

    写真を撮影した日付を指定するパターンは、「{imagedate}」です。

    日付の書式は、日本で一般的に利用される書式ではないため、使いづらいかも知れません。
    書式は、「日 月 年」になります。

    ここでは例として、以下のように入力しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。


  2.写真を撮影した年

    写真を撮影した年を指定するパターンは、「{imageyear}」です。
    ここでは例として、以下のように入力しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。


  3.写真を撮影した月

    写真を撮影した月を指定するパターンは、「{imagemonth}」です。
    ここでは例として、以下のように入力しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。


  4.写真を撮影した月名

    写真を撮影した月名を指定するパターンは、「{imagemonthname}」です。
    月名は、1月、2月など、「月」が付きます。

    ここでは例として、以下のように入力しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。


  5.写真を撮影した月名(略名)

    写真を撮影した月名(略名)を指定するパターンは、「{imagemonthsimp}」です。

    月名(略記)は、1月、2月など、「月」が付きます。
    日本語だと上記の月名と同じですが、英語の「January」は「Jan」のように略記になります。

    ここでは例として、以下のように入力しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション