kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

変換オプションを設定する

  ファイルやフォルダー名の変換オプションを設定します。
  変換オプションでは、以下のオプションを設定できます。

  • 一覧に表示するファイルやフォルダーをフィルタリングする
  • サブフォルダー以下のファイルも再帰的に変換を行う
  • 拡張子の変換を除外する
  • プレビューを自動的に行う

  1.オプションを表示する

    オプションの設定は、オプション画面から行います。
    オプションを表示するには、画面右上のオプションボタンをクリックします。


  2.オプション

    以下のように、オプションが表示されます。


オプションのUI構成

  オプションのUI構成です。


  1.ファイルやフォルダーの表示

    ファイルやフォルダーの一覧に表示する種類を、以下のメニューから選択します。


    Files

      一覧にファイルのみ表示します。 


    Directories

      一覧にフォルダーのみ表示します。


    Files and directories

      一覧にファイルとフォルダーを表示します。 


  2.Selection pattern

    ファイルやフォルダーのフィルターです。
    ここで指定したフィルターの条件に合うファイルやフォルダーが一覧に表示されます。


    ワイルドカードは、「*」が利用できます。
    「*」は、任意の文字列に該当します。

  3.Add files recursively

    サブフォルダー以下のファルやフォルダーも一覧に表示するかどうかの設定です。

    チェックオン

      サブフォルダー以下のファイルやフォルダーも一覧に表示します。


    チェックオフ

      サブフォルダー以下のファルやフォルダーは一覧に表示されません。


  4.Keep extension

    チェックをオンにすると、ファイルの拡張子を名称の変換対象から外します。
    ファイルの拡張子を変更したくない時に、チェックをオンにするとよいでしょう。

  5.Preview automatically

    デフォルトでは、ファイルやフォルダー名の変換を行う前に「Preview」ボタンをクリックして、変換後の名称をプレビューする必要があります。

    この設定をオンにすると、自動的にプレビューが行われるようになります。   


    プレビューが行われるタイミングは、変換設定を行った時です。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション