kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

パターンの管理

  「Pattern」タブの「Original file name pattern」と「Renamed file name pattern」で使用するパターンは、保存しておくことができます。

  よく利用するパターンは、保存しておくとよいでしょう。
  保存したパターンは、以下のようにいつでも利用することができます。


  パターンの保存や管理は、「Original file name pattern」と「Renamed file name pattern」で別々に行います。

現在入力しているパターンを保存するには

  現在「Original file name pattern」や「Renamed file name pattern」で入力しているパターンを保存するには、右側の「追加」ボタンをクリックします。


  これでパターンが保存されます。

パターンの管理を行うには

  パターンの追加や削除、順番の変更などパターン管理は、パターンエディターから行います。

  1.パターンエディターの表示

    パターンエディターを表示するには、右側の管理ボタンをクリックします。


  2.パターンエディター

    以下のように、「パターンエディター」が表示されます。


    現在保存しているパターンの一覧が表示されます。
    また、一覧で表示されているパターンの順番は、メニューに表示される順番です。


パターンを追加する

  パターンを追加します。

  1.パターン入力画面の表示

    「追加」ボタンをクリックします。


  2.パターンの入力

    以下の画面が表示されるので、パターンを入力し「OK」ボタンをクリックします。


  3.パターンの入力例

    ここでは例として、以下のように入力しました。


  4.追加完了

    以下のように、一覧の最後にパターンが追加されます。


パターンを編集する

  既存のパターンを編集します。

  1.パターンの選択

    編集したいパターンを選択します。


  2.編集画面の表示

    「編集」ボタンをクリックします。


  3.パターンの入力

    以下の画面が表示されるので、パターンを入力し「OK」ボタンをクリックします。


  4.パターンの入力例

    ここでは例として、以下のように入力しました。


  5.編集完了

    以下のように、選択されたパターンが編集されます。


  直接編集する場合

    一覧上で直接パターンを編集することもできます。
    選択したパターンをクリックすると、以下のように編集できる状態になります。


    パターンを編集し「エンター」キーを押せば、編集完了です。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション