kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

他のユーザーと共有しないノンベアリポジトリーを作成する

  他のユーザーと共有しない「ノンベアリポジトリー」を作成します。

  1.リポジトリーの作成場所

    ここでは例として、「~/ドキュメント/git」フォルダー内に「myProject」フォルダーを作成してもらい、「myProject」フォルダー内にリポジトリーを作成します。


  2.カレントディレクトリーの移動

    「端末」を起動し、カレントディレクトリーを「~/ドキュメント/git」に移動します。


  3.コマンドの実行

    リポジトリーを作成します。
    コマンドの説明は、「リポジトリーを作成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ここでは、以下のコマンドを実行します。

git init myProject


    すでに「~/ドキュメント/git/myProject」フォルダーを作成しているなら、カレントディレクトリーを「~/ドキュメント/git/myProject」に移動し、以下のようにフォルダーのパスを省略してコマンドを実行します。

git init

  4.コマンドの実行結果

    以下のように、リポジトリーが作成されます。


    初期化された空のリポジトリーを「~/ドキュメント/git/myProject/.git」フォルダーに作成した、と出力されています。

    空というのは、リポジトリーに「スナップショット」が一つもない状態、という意味です。

    リポジトリーの管理に必要な様々なファイルは、「~/ドキュメント/git/myProject/.git」フォルダー内に作成されています。

  5.フォルダーの確認

    「Nautilus」を起動し、「~/ドキュメント/git」フォルダーを見ると、以下のように「myProject」フォルダーが作成されています。


  6.myProjectフォルダーの確認

    「myProject」フォルダーを開くと、「.git」フォルダーが作成されています。
    このフォルダー内にリポジトリーが作成されています。


    「.git」フォルダーが「Gitディレクトリー」になります。
    「myProject」フォルダーが「ワーキングディレクトリー」になります。

  7..gitフォルダーの確認

    「.git」フォルダーを開くと、リポジトリーのファイル群が表示されます。


    直接このフォルダーを開く機会は少ないですが、リポジトリーの設定を行う時は、「.git」フォルダーにアクセスすることになります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション