kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Gitディレクトリーを指定して、リモートリポジトリーをクローンする

  「Gitディレクトリー」を指定して、「リモートリポジトリー」をクローンします。

  「Gitディレクトリー」を指定してリポジトリーをクローンすると、「Gitディレクトリー」と「ワーキングディレクトリー」を別々のフォルダーに配置することができます。

  ノンベアリポジトリーでのみ指定可能

    「ワーキングディレクトリー」も関係するため、「ノンベアリポジトリー」でのみ指定できます。

  Gitディレクトリーのデフォルトの配置場所

    デフォルトでは、「Gitディレクトリー」は「ワーキングディレクトリー」内の「.git」フォルダーに配置されます。


    この「Gitディレクトリー」の配置場所を変更することができます。

オプションの説明

  「Gitディレクトリー」の配置場所を指定するには、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--separate-git-dir= Gitディレクトリーのパス

  Gitディレクトリーのパス

    Gitディレクトリーのパスは、カレントディレクトリーからの相対パスか、絶対パスで指定します。

    パスに空白が含まれる場合など、必要に応じてGitディレクトリーのパスを""で括って指定してください。

    例:--separate-git-dir="my  Repository"

    常にパスを""で括って指定しても良いです。

リモートリポジトリーのクローン例

  「Gitディレクトリー」を指定して、「リモートリポジトリー」をクローンする例です。

  1.ローカルリポジトリーの配置場所

    ここでは例として、「~/ドキュメント/git」フォルダー内にリポジトリーをクローンします。

  「myProject」フォルダーを「ワーキングディレクトリー」にします。
  「myRepository」フォルダーを「Gitディレクトリー」にします。


  2.カレントディレクトリーの移動

    「端末」を起動し、カレントディレクトリーを「~/ドキュメント/git」に移動します。


  3.コマンドの実行

    「リモートリポジトリー」をクローンします。
    コマンドの説明は、「リモートリポジトリーをクローンするコマンドの説明」を参考にしてください。

    ここでは、以下のコマンドを実行します。
    ポイントは、赤字の箇所です。

git clone --separate-git-dir=myRepository git://192.168.56.1/mySharedProject myCloneProject


  4.コマンドの実行結果

    以下のように、「リモートリポジトリー」がクローンされます。


  5.フォルダーの確認

    「Nautilus」を起動し「~/ドキュメント/git」フォルダーを見ると、以下のように「myCloneProject」フォルダーと「myRepository」フォルダーが作成されています。


  6.myCloneProjectフォルダーの確認

    「myCloneProject」フォルダーは、「ワーキングディレクトリー」です。
    「myCloneProject」フォルダーを開くと、以下のように「.git」ファイルが作成されています。


  7..gitファイルの内容

    「テキストエディター」で「myCloneProject/.git」ファイルを開くと、以下のように「Gitディレクトリー」へのパスが記述されています。


  8.myRepositoryフォルダーの確認

    「myRepository」フォルダーは、「Gitディレクトリー」です。
    「myRepository」フォルダーを開くと、以下のようにリポジトリーのファイル群が表示されます。


    このように、「ワーキングディレクトリー」と「Gitディレクトリー」を別々のフォルダーに配置することができます。

  ユーザーはワーキングディレクトリーで作業を行う

    ユーザーが作業するフォルダーは、「ワーキングディレクトリー」です。
    従ってユーザーが各種「git」コマンドを実行する時は、「ワーキングディレクトリー」で行います。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション