kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

シャロークローンを指定して、リモートリポジトリーをクローンする

  「シャロークローン」を指定して、「リモートリポジトリー」をクローンします。

  スナップショットを取得するブランチ

    「スナップショット」を取得するブランチは、「リモートリポジトリー」の「HEAD」が指すブランチになります。

    「HEAD」が指すブランチから、指定された数の「スナップショット」のみ取得します。
    それ以外のブランチの「スナップショット」は取得されません。

    もし他のブランチの「スナップショット」を取得したい場合は、ブランチを指定してクローンを行ってください。

  すべてのブランチの履歴を取得したい場合

    「リモートリポジトリー」にあるすべてのブランチの「スナップショット」を、指定した世代分取得したい場合は、「--no-single-branch」オプションを併用してください。

    「すべてのブランチを対象にシャロークローンを行い、リモートリポジトリーをクローンする」を参考にしてください。

オプションの説明

  「スナップショット」の数を指定し「シャロークローン」を行うには、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--depth 取得するスナップショットの世代数

  取得するスナップショットの世代数

    取得する「スナップショット」の数を、数値で指定します。

リモートリポジトリーのクローン例

  「シャロークローン」を指定して、「リモートリポジトリー」をクローンする例です。

  1.ローカルリポジトリーの配置場所

    ここでは例として、「~/ドキュメント/git」フォルダー内に「myCloneProject」フォルダーを作成してもらい、「myCloneProject」フォルダー内にリポジトリーをクローンします。

    クローン元の「リモートリポジトリー」は、「git://192.168.56.1/mySharedProject」を指定します。


  2.カレントディレクトリーの移動

    「端末」を起動し、カレントディレクトリーを「~/ドキュメント/git」に移動します。


  3.コマンドの実行

    「リモートリポジトリー」をクローンします。
    「スナップショット」の数は「1」を指定します。
    コマンドの説明は、「リモートリポジトリーをクローンするコマンドの説明」を参考にしてください。

    ここでは、以下のコマンドを実行します。
    ポイントは、赤字の箇所です。

git clone --depth 1 git://192.168.56.1/mySharedProject myCloneProject


  4.コマンドの実行結果

    以下のように、「リモートリポジトリー」がクローンされます。


  5.フォルダーの確認

    「Nautilus」を起動し「~/ドキュメント/git」フォルダーを見ると、以下のように「myCloneProject」フォルダーが作成されています。


  6.myCloneProjectフォルダーの確認

    「myCloneProject」フォルダーを開くと、クローンされたリポジトリーが配置されています。


    「.git」フォルダーが、「Gitディレクトリー」です。
    「myCloneProject」フォルダーが、「ワーキングディレクトリー」です。

    「test.txt」は、チェックアウトされたプロジェクトのファイルです。

  7.履歴の確認

    以下のように履歴を確認すると、「スナップショット」は1つしか取得していないため、最新の履歴のみ表示されます。


    通常のクローンを行ったリポジトリーで履歴を確認すると、すべての履歴が表示されます。


    履歴の比較を行うと、「リモートリポジトリー」から、1階層分の履歴のみ取得していることが分かります。

    他のブランチから履歴を取得しないため、他のブランチの履歴を見ることはできません。
    他のブランチの「リモートトラッキングブランチ」も作成されません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション