kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

リポジトリーにあるブランチの一覧を表示する

  リポジトリーにあるブランチの一覧を表示します。
  ここでは例として、以下のリポジトリーのブランチを表示します。


  ローカルブランチ

    「ローカルブランチ」は、以下のブランチです。

  • master
  • fix

  リモートトラッキングブランチ

    「リモートトラッキングブランチ」は、以下のブランチです。

  • origin/HEAD
  • origin/fix
  • origin/master
  • origin/sub1

ローカルブランチの一覧を表示する

  「ローカルブランチ」の一覧を表示します。

  1.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下を指定します。

オプション 備考
--list 省略可

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの説明は、「リポジトリーにあるブランチを一覧表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

git branch


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、「ローカルブランチ」の一覧が表示されます。


    ブランチ名の頭に「*」が付いているブランチは、現在チェックアウトされているブランチです。
    上記では、「master」ブランチの頭に「*」が付いているので、現在チェックアウトされているブランチは、「master」ブランチになります。

リモートトラッキングブランチの一覧を表示する

  「リモートトラッキングブランチ」の一覧を表示します。

  1.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下を指定します。

ショートオプション ロングオプション
-r --remotes

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの説明は、「リポジトリーにあるブランチを一覧表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

git branch --remotes


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、「リモートトラッキングブランチ」の一覧が表示されます。


    「origin/HEAD」が「origin/master」を指していることが分かります。

すべてのブランチの一覧を表示する

  すべてのブランチの一覧を表示します。

  1.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下を指定します。

ショートオプション ロングオプション
-a --all

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの説明は、「リポジトリーにあるブランチを一覧表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

git branch --all


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、すべてのブランチの一覧が表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション