kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

リポジトリーに新規ブランチを作成するコマンド

   「git branch」コマンドは、リポジトリーに新規ブランチを作成することができます。


コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git branch <オプション> <ブランチ名> <ブランチ起点のコミットオブジェクト>

トラッキングに関するオプション

  トラッキング(追跡)に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略可能です。

  新規に作成するブランチが、既存のブランチをトラッキングするかどうか指定するオプションです。

  通常トラッキング対象のブランチは「リモートトラッキングブランチ」ですが、「ローカルブランチ」をトラッキング対象にすることもできます。

  デフォルトの動作について

    「ブランチ起点のコミットオブジェクト」に「リモートトラッキングブランチ」を指定しなかった場合、どのブランチもトラッキングしません。
    「ローカルブランチを新規に作成する」を参考にしてください。


    「ブランチ起点のコミットオブジェクト」に「リモートトラッキングブランチ」を指定した場合、「リモートトラッキングブランチ」をトラッキングします。
    「リモートトラッキングブランチから、ローカルブランチを新規に作成する」を参考にしてください。

    オプションの指定で、ブランチのトラッキングを制御することもできます。

  ブランチをトラッキングする(-t, --track)

    ブランチをトラッキングします。
    「ブランチ起点のコミットオブジェクト」に、トラッキング対象のブランチを指定します。

    「トラッキングを明示して、ローカルブランチを新規に作成する」を参考にしてください。
  

  ブランチとトラッキングしない(--no-track)

    ブランチをトラッキングしません。
    「どのブランチもトラッキングしないローカルブランチを新規に作成する

参照ログに関するオプション

  参照ログ(Reflog)に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略可能です。

  参照ログを有効にする(-l, --create-reflog)

    ブランチの参照ログを有効にします。
    ブランチで行った操作は、参照ログに記録されます。

    「ノンベアリポジトリー」では、デフォルトで参照ログが有効です。
    「参照ログを有効にして、ローカルブランチを新規に作成する」を参考にしてください。

その他のオプション

  その他のオプションです。
  いずれのオプションも省略可能です。
 

  ブランチを上書きする(-f, --force)

    デフォルトでは、すでに存在するブランチを「ブランチ名」に指定した場合、ブランチの作成に失敗します。

    このオプションを指定すれば、既存のブランチを上書きすることができます。
    ブランチの上書きを行うため、このオプションの使用には十分注意してください。

    「既存のブランチを上書きして、ローカルブランチを新規に作成する」を参考にしてください。

  出力する情報の抑制(-q, --quiet)

    コマンド実行時、警告とエラー以外のメッセージを出力しません。 

ブランチ名

  新規に作成するブランチのブランチ名を指定します。
  デフォルトでは、既存のブランチと同じブランチ名指定した場合、ブランチの作成に失敗します。

ブランチ起点のコミットオブジェクト

  新規に作成するブランチの起点を指定します。
  この起点が、ブランチの分岐点になります。

  起点は「コミットオブジェクト」で指定しますが、「コミットオブジェクト」を指す参照で指定することもできます。

  以下の指定方法が利用できます。

  1. ブランチ名
  2. タグ名
  3. コミットオブジェクトの識別子
  4. HEAD

  1.ブランチ名

    ブランチのポインターが指す「コミットオブジェクト」を指定します。

  2.タグ名

    タグが指す「コミットオブジェクト」を指定します。

  3.コミットオブジェクトの識別子

    直接「コミットオブジェクト」の識別子を指定します。
    コミットオブジェクトの識別子は、4文字以上を入力します。

  4.HEAD

    「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」を指定します。
    「コミットオブジェクト」の指定を省略した時は、「HEAD」が指定された時と同じ動作を行います。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション