kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ローカルブランチを新規に作成する

  「ローカルブランチ」を新規に作成します。
  ここでは、既存のブランチをトラッキングしないブランチを作成します。

  1.現在のリポジトリー

    現在のリポジトリーは、以下のようになっています。
    ここでは、「Commit2」を起点にしてブランチを作成します。


    また、どのブランチもトラッキング対象にしません。
    ブランチ名は、「sub」にします。

  2.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、以下のようになっています。


  3.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの説明は、「リポジトリーに新規ブランチを作成するコマンドの説明」を参考にしてください。

git branch sub master


    補足

     ここで 「Commit2」コミットオブジェクトを指定する方法は、以下の5種類があります。

  1. origin/HEAD
  2. origin/master
  3. HEAD
  4. master
  5. 「Commit2」の識別子

      「1.」と「2.」は、「リモートトラッキングブランチ」であるため、ブランチのトラッキング対象になります。
      そのため、既存のブランチをトラッキングせずに新規ブランチを作成するには、「3.」〜「5.」の方法で、 「Commit2」コミットオブジェクトを指定する必要があります。

  4.コマンドの実行結果

    ブランチの作成に成功すれば、特にメッセージは表示されません。


  5.ブランチの確認

    ブランチの一覧を見てみます。
    以下のように、「sub」ブランチが作成されています。


    「master」ブランチが指す「コミットオブジェクト」の識別子と、「sub」ブランチが指す「コミットオブジェクト」の識別子が同じになっています。

  6.現在のリポジトリー

    現在のリポジトリーを図にすると、以下のようになります。


    この後、それぞれのブランチでコミットを行うと、以下のようにブランチが枝分かれしていきます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション