kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

参照ログを有効にして、ローカルブランチを新規に作成する

  参照ログ(Reflog)を有効にして、「ローカルブランチ」を新規に作成します。
  デフォルトでは、「ノンベアリポジトリー」でブランチを作成すると、参照ログが有効になります。

  1.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション
-l --create-reflog

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの説明は、「リポジトリーに新規ブランチを作成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは赤字の箇所です。

git branch --create-reflog sub origin/master


  2.コマンドの実行結果

    ブランチの作成に成功すれば、エラーメッセージは表示されません。


  3.ブランチの確認

    ブランチの一覧を見てみます。
    以下のように、「sub」ブランチが作成されています。


  4.参照ログの表示

    「sub」ブランチの参照ログを見てみます。
    以下のように、参照ログが表示されます。


  5.ファイルの確認

    「.git/logs/refs/heads」フォルダーを開くと、以下のようにブランチ名でファイルが作成されています。


    「テキストエディター」で「sub」ファイルを開くと、以下のようにログの中身が表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション