kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ブランチのトラッキングを設定するコマンドの説明

   「git branch」コマンドは、既存のブランチのトラッキングを設定することができます。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git branch <トラッキング対象のブランチ> <トラッキングの設定を行うブランチ>

  トラッキング対象のブランチ(--set-upstream-to=, -u)

    トラッキング対象のブランチを指定します。
    このオプションは必須です。

  トラッキングの設定を行うブランチ

    トラッキングの設定を行うブランチを指定します。
    このオプションを省略した場合、「HEAD」が指すブランチが指定されます。

ブランチのトラッキングを設定する

  ブランチのトラッキングを設定します。

  1.現在のリポジトリー

    現在のリポジトリーは、以下のようになっています。


    「sub」ブランチが「origin/sub」をトラッキングするように変更します。

  2.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、以下のようになっています。


    「sub」ブランチは、どのブランチもトラッキングしていません。

  3.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション オプションの値
-u --set-upstream-to= トラッキング対象のブランチ

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。

git branch --set-upstream-to=origin/sub sub


  4.コマンドの実行結果

    ブランチのトラッキングに成功すれば、以下のようにトラッキング対象になったブランチ名が表示されます。


  5.ブランチの確認

    ブランチの一覧を見てみます。
    「sub」ブランチは、「origin/sub」をトラッキングしていることが分かります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション