kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

リモートリポジトリーから削除されたリモートブランチのリモートトラッキングブランチを削除するコマンドの説明

  「git remote」コマンドは、「リモートリポジトリー」から削除された「リモートブランチ」の「リモートトラッキングブランチ」を削除することができます。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git remote prune <オプション> <リモートリポジトリー名>

  オプション(-n, --dry-run)

    削除対象の「リモートトラッキングブランチ」の一覧を表示します。
    実際に削除は行いません。
    このオプションは省略可能です。

    このプションの使用例は、「リモートリポジトリーから削除されたブランチのリモートトラッキングブランチを確認する」を参考にしてください。

  リモートリポジトリー名

    「リモートブランチ」が存在するかどうかチェックする「リモートリポジトリー」の名称を指定します。
 
    複数の「リモートリポジトリー」を指定することができます。
    複数の「リモートリポジトリー」を指定する場合は、「リモートリポジトリー」をスペースで区切って記述します。


リモートリポジトリーから削除されたリモートブランチのリモートトラッキングブランチを削除する

  「リモートリポジトリー」から削除された「リモートブランチ」の「リモートトラッキングブランチ」を削除します。
  ここでは例として、「origin」リモートリポジトリーの「sub」リモートトラッキングブランチを削除します。

  1.リモートリポジトリーの確認

    現在「ローカルリポジトリー」登録されている「リモートリポジトリー」を確認すると、以下のようになっています。


    「origin/sub」が「stale」になっています。
    これは、「origin」リモートリポジトリーから「sub」ブランチが削除されていることを示しています。

  2.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、以下のようになっています。


    「origin」リモートリポジトリーから「sub」ブランチが削除されていますが、「origin/sub」リモートトラッキングブランチは有効です。

  3.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。

git remote prune origin


  4.コマンドの実行結果

    削除された「リモートトラッキングブランチ」が表示されます。


  5.リモートリポジトリーの確認

    「リモートリポジトリー」を確認すると、「sub」が削除されています。


  6.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、「origin/sub」リモートトラッキングブランチが削除されています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション