kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ブランチの説明を設定するコマンドの説明

  「git branch」コマンドは、既存ブランチの説明を設定することができます。

  ブランチごとに、ブランチの説明を設定することができます。
  この説明は、ブランチの使用目的やブランチの注意事項など、ユーザー向けの説明に使用します。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git branch --edit-description <説明を設定するブランチ>

  説明を設定するブランチ

    説明を設定するブランチを指定します。
    このオプションを省略した場合、「HEAD」が指すブランチが指定されます。

ブランチの説明を設定する

  ブランチの説明を設定します。

  1.コマンドの実行

    ここでは例として、「master」ブランチの説明を設定します。
    「端末」から、以下のコマンドを実行します。

git branch --edit-description master


  2.テキストエディターの起動

    以下のように、テキストエディターが起動します。


    デフォルトでは「nano」が起動しますが、使用するテキストエディターはユーザーが設定することもできます。

  3.説明の入力

    ブランチの説明を入力します。


    「#」で始まる行は、コメント行です。
    コメント行は説明に反映されません。

    説明を入力したら、保存します。
    以上で完了です。

  4.ブランチの説明

    ブランチの説明は、「.git/config」に保存されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション