kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

HEADが指すブランチを指定して、ローカルリポジトリーにリモートリポジトリーを追加する

  「リモートリポジトリー」のHEADが指すブランチを指定して、「ローカルリポジトリー」にリモートリポジトリーを追加します。

  通常、HEADは作成されません。
  また、HEADは必須ではありません。

  HEADが必要な時に、この方法でHEADを作成するとよいでしょう。

  注意

    ここでいうHEADは、ローカルリポジトリーのHEADではなく、リモートリポジトリーのHEADです。
    HEADはリモートトラッキングブランチになります。

  1.リモートリポジトリーの確認

    現在「ローカルリポジトリー」登録されている「リモートリポジトリー」を確認すると、以下のようになっています。


  2.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、以下のようになっています。


  3.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプションオプションの値
-mリモートブランチ名

    ここでは例として、「sub」ブランチを指定します。

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの説明は、「ローカルリポジトリーにリモートリポジトリーを追加するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git remote add -f -m sub myAnotherProject git://192.168.56.1/myAnotherProject


  4.コマンドの実行結果

    「リモートリポジトリー」を追加後、fetchが行われます。


  5.リモートリポジトリーの確認

    「リモートリポジトリー」を確認すると、以下のように指定した「リモートリポジトリー」が「ローカルリポジトリー」に追加されています。


  6.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、指定した「sub」ブランチを指すHEADリモートトラッキングブランチ(myAnotherProject/HEAD)が作成されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション