kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ローカルブランチを作成し、チェックアウトするコマンドの説明

  「git checkout」コマンドは、「チェックアウト」を行う前に「ローカルブランチ」を作成し、作成した「ローカルブランチ」をチェックアウトすることもできます。


  「git branch」と「git checkout」を組み合わせて使用するのと同じです。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git checkout  <オプション> <ブランチ名> <ブランチ起点のコミットオブジェクト>

チェックアウトに関するオプション

  チェックアウトオプションは、「ローカルブランチをチェックアウトするコマンドの説明」と同じオプションが使用できます。

  使用できるオプションの一覧やオプションの使用例は、上記を参考にしてください。

ブランチの作成に関するオプション

  ブランチの作成に関するオプションです。
  以下のいずれかのオプションを指定する必要があります。
  

  ブランチを新規作成する(-b)

    「ローカルブランチ」を新規に作成します。
    このオプションの使い方は、「ローカルブランチを作成し、作成したブランチをチェックアウトする」を参考にしてください。

  既存のブランチを上書きしてブランチを新規作成する(-B)

    「ローカルブランチ」を新規に作成します。
    すでに同名の「ローカルブランチ」が存在した場合は、その「ローカルブランチ」を上書きします。

    このオプションの使い方は、「既存のローカルブランチを上書きしてローカルブランチを新規作成し、作成したローカルブランチをチェックアウトする」を参考にしてください。

  親コミットオブジェクトを持たないブランチを新規作成する(--orphan)

    親コミットオブジェクトを持たない「ローカルブランチ」を、新規に作成します。
    このオプションの使い方は、「親コミットオブジェクトを持たないブランチを新規作成する」を参考にしてください。

トラッキングに関するオプション

  トラッキング(追跡)に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略可能です。

  新規に作成するブランチが、既存のブランチをトラッキングするかどうか指定するオプションです。

  使用できるオプションの一覧やオプションの使用例は、「リポジトリーに新規ブランチを作成するコマンドの説明」の「トラッキングに関するオプション」を参考にしてください。

ブランチ起点のコミットオブジェクト

  ブランチ起点の「コミットオブジェクト」を指定します。
  「コミットオブジェクト」を指す参照で指定することもできます。

  以下の指定方法が利用できます。

  1. ブランチ名
  2. タグ名
  3. コミットオブジェクトの識別子
  4. HEAD

  1.ブランチ名

    ブランチが指す「コミットオブジェクト」を指定します。

  2.タグ名

    タグが指す「コミットオブジェクト」を指定します。

  3.コミットオブジェクトの識別子

    直接「コミットオブジェクト」の識別子を指定します。
    コミットオブジェクトの識別子は、4文字以上を入力します。

  4.HEAD

    「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」を指定します。
    「コミットオブジェクト」の指定を省略した時は、「HEAD」が指定された時と同じ動作を行います。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション