kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ファイル名の指定を明示して、スナップショットから特定のファイルをワーキングディレクトリーに展開する

  「ワーキングディレクトリー」に展開するファイル名を指定する際、同名のブランチが存在すると、指定されたファイル名をブランチ名と解釈し、そのブランチを「チェックアウト」します。

  このような場合、ファイル名の指定を明示して、「スナップショット」から特定のファイルを「ワーキングディレクトリー」に展開します。

ブランチ名とファイル名が重複する例

  ブランチ名とファイル名が重複する例です。

  1.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、以下のようになっています。


    「master」ローカルブランチと「sub」ローカルブランチが存在しています。

  2.ワーキングディレクトリーの確認

    「master」ブランチをチェックアウトした直後の「ワーキングディレクトリー」の状態です。
    「ワーキングディレクトリー」内に、ユーザーが作成した「sub」フォルダーがあります。


  3.コマンドの実行

    ユーザーは、「sub」フォルダーのみ「チェックアウト」しようとして、以下のコマンドを実行しました。


  4.コマンドの実行結果

    「Git」は「sub」ローカルブランチを「チェックアウト」するものだと解釈して、「sub」ローカルブランチを「チェックアウト」しました。


  5.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、「sub」ローカルブランチが現在のブランチになっています。


ファイル名の指定を明示する

  上記のような場合でも、ファイル名の指定を明示すれば「Git」はファイル名と解釈するようになります。

  1.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、以下のようになっています。


    「*」マークが付いている「master」ローカルブランチが、現在のブランチであることが分かります。

  2.ワーキングディレクトリーの確認

    「master」ブランチをチェックアウトした直後の「ワーキングディレクトリー」の状態です。
    「ワーキングディレクトリー」内に、ユーザーが作成した「sub」フォルダーがあります。


    ここでは例として、「sub」フォルダーを削除し「ステージングエリア」から「sub」フォルダーを「チェックアウト」します。


  3.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション 補足
-- 複数のファイル名を指定する場合でも、
このオプションの記述は1つでよいです。

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットから、特定のプロジェクトのファイルをワーキングディレクトリーに展開するコマンドの説明」を参考にしてください。
    ポイントは、赤字の箇所です。

git checkout -- sub


  4.コマンドの実行結果

    問題がなければ、特にメッセージは表示されません。


  5.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」を確認すると、以下のように「sub」フォルダーが「チェックアウト」されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション