kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ワイルドカードを利用して、スナップショットから特定のファイルをワーキングディレクトリーに展開する

  ワイルドカードを利用して、スナップショットから特定のファイルを「ワーキングディレクトリー」に展開します。

  ワイルドカードを利用すれば、パターンに合致するファイルをまとめて展開することができます。

利用できるワイルドカード

  ファイル名に指定できるワイルドカードです。

  *ワイルドカード

    どの文字列にも対応するワイルドカードです。
    文字数は何文字でも良いです。


    例えば「*.txt」と記述すると、ファイル名の拡張子が「.txt」であるファイルを指定することができます。

  ?ワイルドカード

    どの文字列にも対応するワイルドカードです。
    ただし「*」ワイルドカードと異なり、文字数は1文字です。

    例えば「???」と記述すると、ファイル名が3文字のファイルを指定することができます。

  []ワイルドカード

    []内に記述された文字に対応するワイルドカードです。
    ただし「*」ワイルドカードと異なり、文字数は1文字です。

    「?」ワイルドカードの条件を細かく指定するワイルドカードです。

    例えば「[ab]*」と記述すると、ファイル名の1文字目が「a」か「b」で始まるファイルを指定することができます。

    また、「[a-c]*」と記述すると、ファイル名の1文字目が「a」か「b」か「c」で始まるファイルを指定することができます。

  注意

    すでに「ワーキングディレクトリー」内に同名のファイルが存在する場合、それらのファイルは「スナップショット」から取得したファイルで上書きされます。

  また、ワイルドカードを使用してファイル名を指定する場合は、「'」で各ファイル名を括ってください。

コマンドの実行例

  ここでは例として、ファイル名の拡張子が「.txt」であるファイルをまとめて「ワーキングディレクトリー」に展開します。

  1.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、以下のようになっています。


    「*」マークが付いている「master」ローカルブランチが、現在のブランチであることが分かります。
    従って「HEAD」は「master」ローカルブランチを指しています。

  2.ワーキングディレクトリーの確認

    「master」ブランチをチェックアウトした直後の「ワーキングディレクトリー」の状態です。
    以下のようにファイルが配置されています。


    ここでは例として、「ワーキングディレクトリー」内のファイルを全て削除します。


  3.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットから、特定のプロジェクトのファイルをワーキングディレクトリーに展開するコマンドの説明」を参考にしてください。

git checkout HEAD '*.txt'


  4.コマンドの実行結果

    問題がなければ、特にメッセージは表示されません。


  5.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、以下のようになっています。
    ファイル名の拡張子が「.txt」のファイルのみ、展開されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション