kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ステージングエリアからファイルの差分を作成し、ワーキングディレクトリーのファイルに差分を適用する

  「ステージングエリア」のファイルと「ワーキングディレクトリー」のファイルの差分を作成し、「ワーキングディレクトリー」のファイルに差分を適用します。

  ここでは例として、「ステージングエリア」と「ワーキングディレクトリー」にある「test.txt」ファイルの差分を作成し、差分の適用を行います。

  1.ファイルの中身

    「ステージングエリア」の「test.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。


    「ワーキングディレクトリー」の「test.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。


  2.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ファイルの差分を作成し、ワーキングディレクトリーのファイルに差分を適用するコマンドの説明」を参考にしてください。

git checkout -p test.txt


  3.コマンドの実行結果

    「ステージングエリア」から取得したファイルと、「ワーキングディレクトリー」にあるファイルの差分が作成され、その差分が表示されます。


    「-」は、「ステージングエリア」のファイルに存在するが、「ワーキングディレクトリー」のファイルに存在しない行を表しています。

    「+」は、「ステージングエリア」のファイルに存在していないが、「ワーキングディレクトリー」のファイルに存在している行を表しています。

    この差分をどう適用するのか選択肢が表示されるので、該当する選択肢に対応したキーを押します。

  差分の適用に関する選択肢

    差分の適用に関する選択肢です。


  表示する差分の移動や検索に関する選択肢

    表示する差分の移動や検索に関する選択肢です。


  差分の分割や編集に関する選択肢

    差分の分割や編集に関する選択肢です。


  選択肢のヘルプ

    選択肢のヘルプを表示します。

選択肢
(キー)
内容
? 選択肢のヘルプを表示する


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション