kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

差分の操作

  差分の操作時に表示される選択肢の紹介です。
  以下の選択肢を紹介しています。

  •  e.差分を編集して差分を適用する

e.差分を編集して差分を適用する

  自分で差分を編集して、その差分を適用します。

  e-1.差分編集画面の表示

    「e」を入力して「エンター」キーを押します。


  e-2.差分の編集

    以下のようにテキストエディターが起動するので、差分を編集します。


  e-3.差分の保存

    差分の編集が完了したら、ファイルを上書き保存してテキストエディターを終了します。


  e-4.差分の適用

    差分の適用が行われます。


編集した差分の内容に矛盾がある場合

  編集した差分の内容に矛盾がある場合、差分の適用がエラーになります。

  1.差分の編集例

    以下のように、「-test0」を「+test0」に編集します。
    「-」は、差分をファイルに挿入することを意味し、「+」は差分をファイルから削除することを意味します。

    元々「test0」の行が存在しないため、「+」の指定はフォーマットエラーになります。
    元々ファイルに存在しない行を削除しようとするためです。


  2.差分の適用

    差分を適用しようとすると、以下のようにエラーになります。


    ここで選択肢が表示されます。

  3-1.差分を再編集する

    「y」を入力して「エンター」キーを押せば、再度差分の編集画面に戻ります。


    ただし前回の編集時、「#」でコメントアウトした行は表示されません。
    差分の編集を最初からやり直したい時は、一旦差分の編集を中止し、再度差分の編集を行います。

  3-2.差分の編集を中止する

    差分の編集を中止します。
    差分の編集を中止すると、編集した内容は全て破棄されます。


    引き続き差分をどう扱うか、選択肢が表示されます。

差分の編集方法

  差分の編集方法には、以下の方法があります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション