kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ステージングエリアにファイルを追加する

  「ステージングエリア」にファイルを追加します。
  「ステージングエリア」に追加したファイルは、次回コミット時、「ステージングエリア」に追加した時の内容で「スナップショット」に格納されます。

  1.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、以下のようになっています。
   ここでは例として、「main.txt」を「ステージングエリア」に追加します。


  2.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。
    「main.txt」は、トラックされていないファイルであることが分かります。


  3.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ステージングエリアにファイルを追加するコマンドの説明」を参考にしてください。

git add --verbose main.txt


  4.コマンドの実行結果

    「ワーキングディレクトリー」にある「main.txt」ファイルが、「ステージングエリア」に追加されたと表示されます。


  5.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。
    「main.txt」がステージされたファイルになっていることが分かります。


    ここでコミットを行うと「スナップショット」が生成され、「main.txt」が「スナップショット」に格納されます。

    編集済みの「master.txt」も「ステージングエリア」に追加したければ、「master.txt」に対して同様の操作を行います。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション