kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

削除されたファイルを無視して、ファイルをステージングエリアに追加する

  「ワーキングディレクトリー」から削除されたファイルを無視して、ファイルをステージングエリアに追加します。

  操作対象のファイルに「ワーキングディレクトリー」から削除されたファイルがあった場合、そのファイルは操作対象から外します。

  従って、「ワーキングディレクトリー」から削除されたファイルは「ステージングエリア」から削除されません。

  1.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、以下のようになっています。
    ここでは例として、後で「ワーキングディレクトリー」から「master.txt」を削除します。


  2.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。


  3.ファイルの削除

    「ワーキングディレクトリー」から「master.txt」を削除します。


  4.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。
    「master.txt」が削除されたファイルとして認識されています。


  5.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
  • --no-all
  • --ignore-removal
 
    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ステージングエリアにファイルを追加するコマンドの説明」を参考にしてください。
    ポイントは赤字の箇所です。 

git add --verbose --no-all '*'


  6.コマンドの実行結果

    「ワーキングディレクトリー」にある「newFile.txt」ファイルが、「ステージングエリア」に追加されたと表示されます。


  7.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。


    「newFile.txt」ファイルは、「ステージングエリア」から削除されていません。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション