kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

トラックされていないファイルを、中身が空のファイルとしてステージングエリアに追加する

   トラックされていないファイルを、中身が空のファイルとして「ステージングエリア」に追加します。
  トラックされているファイルを対象にした操作を行いたい時に利用します。

  例えば差分を作成する時は、比較対象のファイルが必要になります。
  比較対象のファイルは、トラックされているファイルが対象なので、「ワーキングディレクトリー」に配置されたトラックされていないファイルは、対象にすることができません。

  ここでトラックされていないファイルを、中身が空のファイルとして「ステージングエリア」に追加すれば、トラックされているファイル、かつ、中身が空のファイルになるので、差分を作成できるようになります。

  中身が空のファイルとして追加したとしても、「ワーキングディレクトリー」にあるファイルの中身は変更されません。(空になりません)

  後は差分を作成し、差分を見ながらファイルの一部分を「ステージングエリア」のファイルに追加したり、差分がファイルの中身全体を表わす内容になるので、ファイルの内容を確認するなどの作業が行えるようになります。

  デスクトップ環境を利用している人なら、予めテキストエディター等でファイルの編集や加工を行い、編集済みのファイルを「ワーキングディレクトリー」に配置すれば済むことかもしれません。

  しかしそうでない人や、「git」が提供する機能で作業を完結したい人にとっては、この機能が役に立つでしょう。

  1.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、以下のようになっています。
    ここでは例として、「newFile.txt」ファイルを操作対象にします。


  2.newFile.txtの中身

    「newFile.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。


  3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。
    「newFile.txt」ファイルは、トラックされていないファイルとして認識されています。


  4.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション
-N --intent-to-add
 
    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ステージングエリアにファイルを追加するコマンドの説明」を参考にしてください。
    ポイントは赤字の箇所です。 

git add --verbose --intent-to-add newFile.txt


  5.コマンドの実行結果

    「ワーキングディレクトリー」にある「newFile.txt」ファイルが、「ステージングエリア」に追加されたと表示されます。


  6.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。
    「ステージングエリア」にある「newFile.txt」ファイルは中身が空のファイルです。
    「ワーキングディレクトリー」にある「newFile.txt」ファイルは中身は「2.」と同じです。


    差分を表示すると、ファイルの中身の違いが分かります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション