kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ワーキングディレクトリーに存在しないファイルに対して実行テストを行う

  「ワーキングディレクトリー」に存在しないファイルに対して実行テストを行います。

  通常「ワーキングディレクトリー」に存在しないファイルを指定すると、以下のようにエラーになります。


  この方法では、「ワーキングディレクトリー」に存在しないファイルでもテストを行うことができます。

  ファイルを作成する前に、「gitignore」のテストを行いたい時に利用するとよいでしょう。

  1.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、以下のようになっています。


  2.gitignoreの中身

    「.gitignore」ファイルの中身は、以下のようになっています。


  3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。


  4.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--ignore-missing
 
    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ステージングエリアにファイルを追加するコマンドの説明」を参考にしてください。
    ポイントは赤字の箇所です。 

git add --dry-run --ignore-missing test.txt


  5.コマンドの実行結果

    以下のように、「ワーキングディレクトリー」に存在しないファイルに対し実行テストが行われます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション