kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

インタラクティブモードで、ワーキングディレクトリーのファイルをステージングエリアに追加する

  インタラクティブモード(対話式)で「ワーキングディレクトリー」のファイルを「ステージングエリア」に追加します。

  指定するファイル名について

    「ファイル名」の指定を省略すると、「ワーキングディレクトリー」内の全てのファイルが操作対象になります。
    「ファイル名」を指定すると、指定されたファイルが操作対象になります。

  1.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、以下のようになっています。


  2.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。


  3.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション
-i --interactive
 
    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ステージングエリアにファイルを追加するコマンドの説明」を参考にしてください。
    ポイントは赤字の箇所です。 

git add --interactive


  4.コマンドの実行結果

    以下のように、コマンドの入力を受け付ける画面が表示されます。


  5.コマンドの実行

    対話式なので、ユーザーは実行したいコマンドを入力します。
    コマンドは、「*** Command ***」下部に表示されている数値もしくは、コマンドの頭文字を入力して指定します。

    入力されたコマンドは「What now>」に表示されます。
    「エンター」キーを押してコマンドを実行します。

    以下の操作が実行できます。


1.ワーキングディレクトリーの状態を表示する

  「1」もしくは「s」キーを入力して「エンター」キーを押すと、「status」コマンドを実行します。
  「status」コマンドは、「ワーキングディレクトリー」の状態を表示します。


  表示されるファイル

    ここに表示されるファイルは、ユーザーが「ステージングエリア」に追加したファイル及び、「ワーキングディレクトリー」で編集されているファイルです。

    トラックされていないファイルや、編集されていないファイルは表示されません。

     1行に1ファイル表示されます。

  No.

    各行の一番左に表示される数値は、操作対象を指定する時に使用する番号が表示されます。
    「status」コマンドでは、使用しません。

  staged

    「ステージングエリア」にあるファイルの状態を表示します。

    また、「HEAD」と「ステージングエリア」にあるファイルの差分(+追加された行数/-削除された行数)を表示します。

    ファイルの中身が同じなら、「unchanged」と表示されます。

  unstaged

    「ワーキングディレクトリー」にあるファイルの状態を表示します。

    また、「ステージングエリア」にあるファイルと「ワーキングディレクトリー」にあるファイルの差分(+追加された行数/-削除された行数)を表示します。

    ファイルの中身が同じなら、「nothing」と表示されます。 

  path

    「ワーキングディレクトリー」にあるファイルのパスが表示されます。

 
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション