kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

2.インタラクティブモードで、トラックされているファイルをステージングエリアに追加する

  インタラクティブモードで、トラックされているファイルを「ステージングエリア」に追加します。

  複数のファイルをまとめて「ステージングエリア」に追加することもできます。

  2-1.コマンドの実行

    「2」もしくは「u」キーを入力して「エンター」キーを押し、「update」コマンドを実行します。


  2-2.ファイルの一覧表示

    以下のように、「ステージングエリア」に追加可能なファイルの一覧が表示されます。
    トラックされているファイルのみが表示対象です。


  2-3.ファイルの選択

    「ステージングエリア」に追加するファイルを選択します。
    ファイルの選択方法は後述の「ファイルの選択方法」を参考にしてください。

    選択されたファイルには、一番左に「*」マークが表示されます。


  2-4.ファイルをステージングエリアに追加

    ファイルを選択したら、「Update>>」になにも入力せず「エンター」キーを押します。
    以下のように、選択したファイルが「ステージングエリア」に追加されます。


  2-5.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。
    「master.txt」ファイルが「ステージングエリア」に追加されています。


ファイルの選択方法

  コマンドによっては、操作対象のファイルを選択する画面が表示されます。
  ここではファイルの選択方法を紹介します。

  1.特定のファイルを選択する

    選択したいファイルの番号か、ファイル名の最初の文字(水色で表示されている文字)を入力し、「エンター」キーを押します。

  2.複数のファイルをまとめて選択する

    複数のファイルをまとめて選択するには、選択したいファイルの番号か、ファイル名の最初の文字(水色で表示されている文字)を、スペース区切りかコンマ区切りで入力し、「エンター」キーを押します。

  3.複数のファイルを範囲でまとめて選択する

    複数のファイルを範囲でまとめて選択するには、「ファイルの番号-ファイルの番号」で入力し、「エンター」キーを押します。

    例えば「2-4」と入力すると、 2,3,4番のファイルが選択されます。
    また「2-」と入力すると、2番以降のファイルが選択されます。

  4.区切りと範囲を組み合わせて選択する

    「2.」と「3.」を組み合わせてファイルを選択することも可能です。
    例えば「2-5 7,9」と入力すると、2,3,4,5,7,9番のファイルが選択されます。

  5.全てのファイルを選択する

    全てのファイルを選択するには、「*」を入力し、「エンター」キーを押します。

  6.ファイルの選択を解除する

    ファイルの選択を解除するには、頭に「-」をつけます。
    例えば「-*」と入力すると、全てのファイルの選択が解除されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション