kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

5.インタラクティブモードでファイルの差分を作成し、差分をステージングエリアのファイルに適用する

  インタラクティブモードでファイルの差分を作成し、差分を「ステージングエリア」のファイルに適用します。

  差分は、「ステージングエリア」のファイルと「ワーキングディレクトリー」のファイルの差分です。

  以前紹介した「ワーキングディレクトリーにあるファイルとステージングエリアにあるファイルの差分を作成し、ステージングエリアのファイルに適用する」と同じ機能です。

  差分の適用方法は、上記を参考にしてください。
  ここでは、全体的な流れを紹介します。

  5-1.コマンドの実行

    「5」もしくは「p」キーを入力して「エンター」キーを押し、「patch」コマンドを実行します。


  5-2.ファイルの一覧表示

    以下のように、差分の作成が可能なファイルの一覧が表示されます。


  5-3.ファイルの選択

    「ステージングエリア」に追加するファイルを選択します。
    ファイルの選択方法は「ファイルの選択方法」を参考にしてください。

    選択されたファイルには、一番左に「*」マークが表示されます。


  5-4.差分の表示

    以下のように、選択したファイルの差分が表示されます。
    差分の操作は、「ワーキングディレクトリーにあるファイルとステージングエリアにあるファイルの差分を作成し、ステージングエリアのファイルに適用する」を参考にしてください。


  5-5.差分の編集

    ここでは例として、以下の差分を適用します。


  5-6.差分の適用

    選択したファイルの差分の適用がすべて完了すると、「patch」コマンドが終了します。


  5-7.ステータスの確認

    「status」コマンドを実行すると、適用した「test.txt」ファイルの差分が「ステージングエリア」に追加されています。


  5-8.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。
    適用した「test.txt」ファイルの差分が「ステージングエリア」に追加されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション